グリコ、糖質10g以下の「SUNAO」ブランドからアイス・ビスケット商品の新味登場

2月6日(木)22時41分 マイナビニュース

江崎グリコは4月、おいしさと糖質オフを両立するブランド「SUNAO」のアイスシリーズとビスケットシリーズから新味を発売する。

同社が展開する「SUNAO」は、豆乳などこだわりの素材で、すべての商品を糖質10g以下に抑えながらも、独自の配合で濃厚なおいしさを実現しているブランド。

このほど、同ブランドのアイスシリーズから、「カップアイス(ストロベリー&ラズベリー)」と「カップアイス(マカダミア&アーモンド)」が新味として登場。4月6日より発売される。

「カップアイス(ストロベリー&ラズベリー)」は、甘酸っぱいベリーとクリーミーなアイスの組み合わせでさわやかな味わいとなっており、内容量120mlで糖質は9.2g。「カップアイス(マカダミア&アーモンド)」は、香ばしいマカダミアナッツ・アーモンドと奥深いバニラ風味の味わいで、内容量120mlで糖質は7.3gに抑えられている。

また、同じく「SUNAO」ブランドのビスケットシリーズからは、新たに「クリームサンド(レモン&バニラ)」が登場。発酵バターを配合したレモン風味の生地に酸味のあるバニラクリームがサンドされており、1枚あたりの糖質は4.5gとなっている。こちらは4月7日より発売される。

マイナビニュース

「ブランド」をもっと詳しく

「ブランド」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ