慣れないと意外と大変!いつもと違う外出先の授乳室での授乳のコツ

2月7日(金)20時0分 ベビーカレンダー

授乳のイメージ

最近は授乳室も増えてきました。赤ちゃん連れにはとても助かりますが、いつもと違う場所での授乳がどうもうまくできないというお話はよく聞きます。今回は授乳室での授乳のついてお話ししていきたいと思います。

授乳室だと集中できず、母乳を飲んでくれない

授乳室で困ることで多いのが、慣れない授乳室の環境によって、授乳に赤ちゃんが集中しないことだと思います。キョロキョロしてしまったり、すぐに口をおっぱいから離してしまったりします。授乳に集中できない場合、ママの羽織っていたものや、授乳ケープ、おくるみやブランケットなどで授乳中の気になるものから視界を遮るという方法があります。

授乳姿勢がしっくりこなくて上手にあげられない

いつもと違う椅子や環境だったり、授乳クッションがないために、赤ちゃんの口元がおっぱいの近くになるよう支えられず、授乳姿勢が安定しないということがあります。特に、自宅ではフットボール抱きメインの授乳をしている場合、授乳室の椅子のスペースが狭いと赤ちゃんを支えるのが難しい場合もあります。


外出先での授乳が心配で、育児用ミルクを予備で持っていくという方もいますが、赤ちゃん連れは荷物が多いので、さらに増えると大変ですよね。そこで、母乳の場合でも授乳室でラクに授乳できるコツをお伝えします。

授乳室での授乳の工夫4つ

授乳室での授乳の工夫をいくつかご紹介します。

【1】バッグや服をクッション代わりにする

横抱きで、授乳姿勢が安定しない場合、羽織っている服やコート、おくるみ、ブランケットなどを丸めたものや、バッグなどを赤ちゃんのおしりの下に入れて、クッション代わりにしてみます。

【2】足を固定する

足を組んだり、ママの片足をどこかの安定した段差にのせて赤ちゃんの背中を支えます。

【3】いろいろな抱き方を試してみる

縦抱きや、縦抱きと横抱きの中間のような斜め横抱きなど、いろいろな抱き方での授乳を試してみましょう。

【4】赤ちゃんを椅子に寝かせて授乳する

フットボール抱きの場合は、スペースが許せば椅子に赤ちゃんを寝かせて、ママが下に座るか膝立ちをして授乳をする方法もあります。



慣れない赤ちゃん連れのお出かけでは、外出先の授乳室を利用するのは最初は少し大変に感じるかもしれません。普段から、近くのショッピングセンターや支援センターなどに散歩がてら外出して、練習のために授乳室を利用してみたりするのも良いかもしれませんね。


監修者・著者:助産師 国際ラクテーションコンサルタント・おむつなし育児アドバイザー 榎本美紀

2001年に助産師免許取得後、杏林大学医学部付属病院・さいたま市立病院・順天堂大学練馬病院の勤務を経て、2013年に埼玉県さいたま市に訪問型の助産院「みき母乳相談室」を開業しました。病院勤務での経験を元に、母乳育児支援の国際ライセンスである国際ラクテーションコンサルタントとして、地域の母乳育児を支援しています。訪問時の相談は、母乳だけではなく離乳食や抱っこひも、スキンケア、寝かしつけなど多岐にわたることも。また、おむつなし育児アドバイザーとして、トイレトレーニングなどの相談も受けています。自身も一児の母として奮闘中です。HP:「みき母乳相談室」


「ベビーカレンダー」は、医師・専門家監修の妊娠・出産・育児の情報メディアです。赤ちゃんとの毎日がもっとラクに楽しくなるニュースを配信中!無料の専門家相談コーナーも大人気!悩み解決も息抜きもベビカレにお任せ♡

ベビーカレンダー

「授乳」をもっと詳しく

「授乳」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ