中国語、世界のどこで話される?

2月7日(水)18時0分 ビーカイブ

中国語は、話者数が13億人以上の言語です。中国語ですから当然のことながら中国の本土、中華人民共和国で話されていますが、その他には世界のどこで話されているのでしょうか。





公用語はどこ?


中国語を公用語としているのは中国のほかにシンガポールがあります。さらに台湾や香港、マカオなどでも話されています。しかし、中国語が話されるのはこれらの地域ばかりではありません。シンガポールのお隣の国、マレーシアでも中国系住民が多くいますので、中国語が広く話されています。最近では急増する中国人観光客に対応するために、ホテルなどの場所では中国語が通じるようになっているところも多くあります。


世界中のチャイナタウン


さらに、いわゆる中国系にルーツを持つ、華僑や華人といった人たちは世界中に散っています。そのため世界各地にチャイナタウンがあります。日本においても横浜や神戸などの伝統的なチャイナタウンに加えて、池袋なども新たなチャイナタウンとして注目されています。チャイナタウンがあるところには中国系住民がいるので当然、中国語が話されています。チャイナタウンは、アメリカやオーストラリア、ヨーロッパ、アフリカなどあらゆる場所にあります。世界のどこへいっても場所と人によっては中国語は通じるといえるでしょう。

ビーカイブ

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

BIGLOBE
トップへ