胃酸分泌抑制薬PPI 気軽に服用すべきでないという指摘も

2月8日(木)16時0分 NEWSポストセブン

気軽に服用してはいけない薬もある

写真を拡大

 胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎などにかかると、胃酸の分泌を抑制するタケプロンやオメプラールなどプロトンポンプ阻害薬(PPI)が処方されるが、驚くべき研究報告が出ている。柴田内科・消化器科クリニック院長の柴田実医師はいう。


「2017年7月、ワシントン大学の研究者が退役軍人の薬剤処方記録を用いて、胃酸抑制効果の高い『PPI』が処方された約27万人と、市販の胃薬にも使われる『H2ブロッカー』が処方された約7万人を追跡調査。その結果、PPIを服用した患者が服用後5年間で死亡する割合は、H2ブロッカーの患者に比べて25%高かったという研究結果が米国の医学誌で発表されました」


 原因までは明らかにされていないが、PPIはH2ブロッカーよりも胃酸抑制効果が高く、下痢や肝障害、薬疹などの副作用が報告されている。特に治療効果の高い「タケプロン」は副作用も強く、肝機能値に異常が現われたり、頭痛やめまい、下痢のほか、白血球や血小板が減少する血液障害が知られている。


「高齢者の場合、必要以上に使用すると胃酸が減りすぎてしまうことがある。食道にカンジタというカビが生えるなど、殺菌力が低下して胃の中で細菌が繁殖し、細菌の逆流で誤嚥性肺炎を招く可能性も指摘されています。また、胃酸の分泌が低下するとカルシウムの吸収力が落ちるため、骨粗鬆症のリスクが上がるともいわれています」


 あまり気軽に服用すべき薬ではないということだ。


「胃腸薬は医師の判断で処方できるので、風邪の時にPPIを処方する医師もいます。しかし、もし私が風邪で、胃痛もなく、強い下熱剤との併用もなくPPIを処方されたら、その医師の判断に疑問を持たざるを得ません」


※週刊ポスト2018年2月16・23日号

NEWSポストセブン

「胃潰瘍」をもっと詳しく

「胃潰瘍」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ