やればやるだけモテ&愛されに繋がる小粒な「かわいい」言動たち【後編】

2月9日(日)9時0分 ハウコレ



どうもあかりです。
「モテる人、愛される人」と、そうじゃない人。


この2種類の女性の一番大きな違いのひとつが、「小粒な"かわいい"言動」を日常的にたくさんしてるかどうかです。


そういう「小粒な"かわいい"言動」のひとつひとつが無数の種となって、「数打ちゃ当たる」的な感じで、結果的に「モテ」や「愛され」に繋がっているんですよね。


そんなコンセプトでお届けしてきたやればやるだけモテ&愛されに繋がる小粒な「かわいい」言動たち【前編】に続いて、後編をお届けしていきます!


■小粒な"かわいい"言動・電話編

前編では、「LINE編」についてご紹介していますが、どれだけチャットツールが当たり前の世の中になっても、「好きな人と会えない代わりに、声が聞きたい」という気持ちは昔もいまも変わらず多くの人が抱くものです。


ということでまだまだ利用頻度の高い「電話」で使える「小粒な"かわいい"言動」を押さえておきましょう。



■やっぱり「名前をたくさん呼ぶ」

前編の「LINE編」でも、「名前をたくさん呼ぶとかわいいですよ」ということはお話させてもらいましたが、やはりと言うか、これは電話でも有効です。


どんな場面であれ、好きな人から自分の名前を呼ばれるのって嬉しいし、電話をしている以上、名前なんて呼ばなくても相手のことだってわかるのに、それでもいちいち「〇〇くん」と呼んでしまうのって、すごく彼のことが好きそうな感じで、とってもかわいいですよね。


話しかけるときの呼びかけとしてももちろん使えるし、とくに話題がないときにも「〇〇くん」って呼ぶだけ呼んで、「なに?どうした?」と言われて「何もないよ〜ただ呼んでみただけ」的な感じで使ってみるのもかわいいのでおすすめです。



■声を褒める

好きな人と電話をしたときには、必ずやってみてほしい「小粒な"かわいい"言動」がこちらです。


電話は声しか聞こえない分、相手の声にいつも以上に意識が向きますよね。


そこで、「〇〇くんの声、癒される」とか「〇〇くんの声、かっこいいね」とかなんでもいいので、彼の声をほめてあげましょう。


なぜかは私もよくわかりませんが、男性は「声がイケメン」(イケメンボイス(イケボ))と言われるのが妙に好きです。


こうやって好きな人といい気にさせられたら、きっと彼はもっとたくさんあなたと電話をしたくなるはず!



■もっと会いたくなってしまう

逆説的ですが、会いたくても会えなくてさみしいときに電話をして気を紛らわせようとすると、かえって会いたい気持ちが募ってしまうというのは、恋愛あるあるですよね。


であればその気持ちすら、素直に彼に伝えてしまいましょう。
「なんか、余計に会いたくなっちゃった・・・・・・」って。


これはただただ、かわいい。



■「そっちから切って」

そろそろお休みしなくちゃだねーとなったとき、どっちから電話を切るかについて好きな人とちょっとした言い合いになったことがある人も少なくないと思いますが、「かわいい」を求めるのであれば、断然、「そっちから切って。私切れないから」と言うのがおすすめです。


理由をうまく説明するのは難しいけど、「もう寝なくちゃいけないのはわかってるけど、自分からはさみしくてどうしても切れない」という感じが、なんだかけなげでかわいいのでしょうね、きっと。


■小粒な"かわいい"言動・バイバイ編

さて、場面は変わって好きな男性とのデートシーン。
そろそろお別れをするタイミングです。


が、デートはまだ終わっていません。
何ごとも終わりが肝心。バイバイの瞬間は、まさに「彼があなたを目にする最後の瞬間」ですから、ここでなるべくたくさん「かわいい姿」を彼の目に焼きつけたまま帰ってもらいましょう。



■「帰りたくなさ」をただよわせる

たしかに、バイバイ間際にグダグダとするのは大人っぽくありません。
ですが、あんまりにも聞き分けがよさそうなお利口さんでいるのも考えものです。


ウザくならないように気をつけつつも、しっかりと「本当はまだ帰りたくないんだよ」という気持ちを伝えてあげると、彼も「今日のデートがそれだけうまくいったってことだな」と満足感が得られます。


それに、彼とバイバイするのをさみしがってる女性ってやっぱり、男性からすれば猛烈にかわいいですからね。


「本当はもうちょっと一緒にいたかったけど・・・・・・」「またすぐに会おうね」的なほんのひと言で十分ですので、ぜひ「帰りたくない気持ち」をちょっとでいいので伝えてあげてみてください。



■でも最後は必ず笑顔で

先ほどもお話ししたとおり、バイバイ間際のあなたは、その日彼が目にするあなたの最後の姿。


悲しんでいる姿がそれでは、彼がデート後に思い出すあなたの表情もきっと悲しげです。
なので、バイバイの瞬間には、頑張って笑顔を作って、「またね!」と元気よくお別れしましょう。


その直前の「帰りたくなさ」ただよう表情とのギャップが、これまたたまらなくかわいく映るはずです。



■彼よりも先に一報入れてあげる

バイバイのときには「また連絡するねー」とお互いに言い合うのがお決まりですよね。
ですがこれはただの社交辞令じゃありません。


もしも本気で相手のことが好きならば、ここでは絶対に彼よりも先に「今日はありがと」LINEを送ってあげるべきです。


男性は、女性が「私も連絡するからねー」と言いつつ、なんだかんだ実際には「男性からの連絡待ち」だろうことを知っています。だから、結局は自分から連絡をしないと相手の女性からはLINEなんて来ないだろうと思っている。


その油断をつくのです!


彼とバイバイをして、その直後にLINEを送ってあげるだけで彼にとっては嬉しい驚きだし、それによって今日のデートが素晴らしく楽しかったことが伝わるのです。


■小粒な"かわいい"言動・エッチ編

バイバイがないデート、つまり、お泊りデートだった場合にも対応できるようにしておかなくちゃいけませんね。


お泊りデート対策として、「エッチ編」と「おやすみ&おはよう編」をご用意しました!



■「エッチ」と言う

ハッキリとした理由はありません。
ただ、男性側の意見によれば、女性がエッチのときに言う「エッチ」という発言は猛烈にかわいい。


少しわかりにくかったかもしれません。
たとえばエッチをしている最中に、彼があなたをいじめてきますよね。


そうしたらあなたは彼に「もう、エッチ」と言い返す。
「エッチ」って、なんだか語感がとにかくエロかわいいし、女性がこの単語を口にするというのも、エロかわいい。


きっと彼は喜ぶと思いますので、言ってみてくださいね。



■隠す

エッチのとき、言葉も使わず、たったの手の動きだけで「エロかわいい」をプラスできるのがこのテクニックです。


付き合いたてであればともかく、彼と付き合ってしばらく経ってくると次第に彼から自分の裸を見られることにも慣れてきてしまうことがあるかもしれません。


ですが、男性にとって女性側の「恥じらい」というのは、いつだってエッチを盛り上げるためのスパイスです。


彼氏と長く付き合っている人は、この「恥じらい」ををすっかり忘れてしまっている人も結構多いので「隠す」を改めて有効活用してみてください。



■いつもよりたくさん彼を見つめる

もうひとつ、「エロかわいい」をプラスできるコスパ最強な小粒言動がこれです。
今度は言葉はおろか、体すら使う必要がありません。


ただ、彼を見つめる。それだけです。
「彼女に見つめられる」というのは、基本的にいつだって男性をドキドキさせ、「彼女、かわいい・・・・・・」と思わせるものですが、エッチのときほどこの効果が高まる瞬間はありません。


■小粒な"かわいい"言動・おやすみ&おはよう編

お泊りデートは「エッチ」で終わりじゃありません。


エッチに続く、おやすみとおはようの瞬間に、お泊りデート最後の「かわいい」を覚えておきましょう!



■手を繋いだままおやすみ

個人的に超おすすめなのが、おやすみの瞬間に彼の手を握って、そのまま眠ってしまおうとすることです。


これから寝るっていうのに、意識がなくなるギリギリまで彼と繋がっていたい。
その気持ちがとてもかわいいですよね。


彼は「暑苦しい!」と言うかもしれませんが、それならそれで、「じゃあ、握らなくてもいいから、手だけ触らせて」と、彼の手の上に自分の手を重ねさせてもらいましょう。



■途中で目が覚めてもう一回

先ほどの「手を繋いだままおやすみ」を一度でも試してみると、きっと気づくはずです。
あれ、寝ちゃった瞬間にせっかく繋いだはずの手が離れちゃってる?って。


でも、それでもかまいません。もしも少しして軽く目が覚めて、「あれ、手が離れてる」と思ったら、もう一回手を繋げばいいのです。


恋人と同じベッドで一緒に眠っているときというのは、割と睡眠が浅くて、寝ている間に起こった出来事とかを意外にもきちんと覚えていたりするものです。


だから、あなたが夜中に目覚めてもう一度彼と手を繋ぎ直したことは、きっと彼は寝ぼけまなこでしっかりと覚えてくれているはず。


そして朝起きてそのことを思い出して、「彼女、夜中にわざわざ俺の手を握ってきてたよな・・・・・・。かわいい・・・・・・」と思ってくれるのです。



■おはようの〇〇

「おはようの〇〇」と呼んで、「あ、わかったキスだ!」と思ってくれた方もいるんじゃないでしょうか。


残念ながら、違います。私は「おはようのキス」反対派です。なぜなら、朝は口が驚くほど臭いから。あなたがどれだけかわいかろうと、彼がどれだけイケメンだろうと、必ず口は臭いものです。


ですので、目覚めてまず一番にするのは、それこそ先ほどから激推ししている「手を繋ぐ」や、ハグくらいがちょうどいいのです。


たしかに朝起きてキスって見た目はロマンティックなんだけど、自分の口臭って自分ではわかりませんから、「臭すぎる..!」と思われるリスクをとってまで攻める必要はありません。ふたりで一緒に歯をみがいてから、改めてやってもらえれば結構です。


さて、前後編を通してたくさんの「小粒な"かわいい"言動」をご紹介してきました。
これらが全部、自然にできるようになったら、あなたも「ほぼ」ネイティブな「モテる人、愛される人」になれたということでしょう。(遣水あかり/ライター)


(ハウコレ編集部)

ハウコレ

「言動」をもっと詳しく

「言動」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ