「峠の釜めし」容器の再利用法に注目 実はご飯が炊けるって、知ってた?

2月9日(日)11時0分 Jタウンネット

土釜、家で再利用できるんです(画像はらっこ@lucrakkoさん

写真を拡大

群馬、長野、東京に販売店を持つ荻野屋(本店:群馬県安中市)の看板商品「峠の釜めし」。JR横川駅で販売され、60年以上にわたって親しまれる駅弁だ。


峠の釜めしで特徴的なのが、益子焼の「土釜」。これを捨てずにとっておけば、家で再利用できることを皆さんご存じだろうか。


実は、ご飯を炊くことができるのだ。白米はもちろん、具材を入れて混ぜご飯にするなどバリエーションは豊富だ。



こうした再利用法は、峠の釜めしを取り上げた「マネー現代」の2020年2月5日の記事をきっかけに注目を集めることに。実際にやってみたというユーザーからはツイッターに、


「実家ではよくこれでご飯炊いてました。おこげとか出来て美味しかったですよ」
「ご飯炊いたことあるけど美味しかった 今ではお猫様の水飲みになってます」
「サイズも炊け具合もホントちょうどよかった」



といった声が寄せられている。


そもそもなぜ土釜なの?


Jタウンネットは2月6日、荻野屋の担当者に詳しい話を聞いた。



担当者によれば、峠の釜めしは1958年からJR横川駅で販売を始めた。


荻野屋4代目社長の故・高見澤みねじさんが横川駅の利用者に要望を聞き、できた駅弁のコンセプトは「あたたかいご飯であること」「家庭的なあたたかさがあること」「地方色豊かであること」。そこに偶然、栃木県の益子焼の行商が1人用の益子焼土釜を持ち込んだことで、土釜が採用された。


難点としてあげられるのはその重さだが、お客さんのニーズにあわせ土釜は発売当初より軽量化。販売店によっては紙の容器を使用しているが、基本的には土釜での提供を続けている。購入した土釜はもちろん持ち帰ることができるが、希望しない場合は販売店での回収も行っている。



そんなこだわりの土釜だが、そもそも家庭での再利用を想定していたものなのだろうか。担当者は、以下のように話す。


「故・高見澤みねじの思いの中に、食べたあと家に持ち帰り、調味料の入れ物や1人用のご飯炊きなどに活用してもらうなど、旅の記念に喜ばれるのではないかといった思いがありました」



再利用できるのは3〜5回ほど


炊飯レシピは荻野屋の公式サイトでも紹介されていて、レシピは以下のようになっている。


【米1合、水180ccの場合】
(1) 米を研ぎ、洗浄した容器の外側の水分をよくふき取る。
(2) ガス台に乗せ、弱火にかける。約8分〜10分で吹きこぼれてくる。
(3) 吹きこぼれたら直ぐに、蓋を1〜2センチほどずらし、とろ火(最弱火)で沸騰させる。フタも少しずつ閉める。
(4)(2)より約15分後、ご飯の表面に水気がなくなってきたらフタを完全に閉め、すぐに火を止める。
(5)15分以上蒸らす。フタを開けるのが早すぎると、ご飯に芯が残り上手に炊けないことがある。
(6)フタを開け、しゃもじなどで撹拌し完成。




土釜を火にかける際に気を付けたいのが、荻野屋が紹介している炊飯レシピには、「容器が割れることがありますのでご注意ください」と記載されていること。担当者によれば、軽量化を進めたことで、どうしても耐久性が弱くなってしまったという。


対策としては「土釜の水分をよく拭き取ること」「弱火でコトコトと炊くこと」を挙げており、使用回数は取り扱い方にもよるが3〜5回ほどではないかということだ。


ツイッターでは炊飯の他にも、プリンを作る、煮卵を漬けるのに土釜を使用するユーザーが見られる。調理以外にも鉢植えとして利用するなど、可能性は無限大だ。


峠の釜めしの器でプリン作るの楽しいよという話 pic.twitter.com/KOgEQnhYoh
- ゴムうどん (@gomumaridesuwa) February 5, 2020

帰宅?( ゚?゚)タダイマー
今日はこいつを楽しみに生きてきたといっても過言ではない(☆∀☆)昨日の夜に漬けておいた半熟煮卵ちゃん
良い具合に半熟トロトロしてる
むかし長野行った時の帰りに食べた峠の釜めしが入ってた土釜で漬けました?( 'ω' )? また峠の釜めし食べたいなぁ...( ) pic.twitter.com/irsBKNxcO7
- 高木裕平 (@takagiyuhei0623) November 13, 2017

担当者は土釜での炊飯が話題になっていることについて、


「新幹線による高速化、駅ナカ発展による食の多様化など社会環境の変化により、廃業する駅弁業者、事業縮小する企業があります。そんな中、ネット上で話題になることは、若い世代の方々に『峠の釜めし』『駅弁』を知っていただけることにつながりますので、光栄でございます」



としている。

Jタウンネット

「東京」をもっと詳しく

「東京」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ