セブンカフェが"よりリッチな味わい"に! 発売以来初の大幅刷新の内容は?

2月9日(金)20時10分 マイナビニュース

セブン-イレブン・ジャパンは3月上旬より、店内のオリジナル専用マシンで提供するセルフ式のドリップコーヒー「SEVEN CAFE(セブンカフェ)」をリニューアルする。価格や手軽さはそのままに、発売以来初の大幅刷新で"よりリッチな味わい"を追求した一杯が、全国のセブン-イレブンで始まる。

○年間10億杯のヒット商品

2013年1月より販売を開始した「SEVEN CAFE」は、2018年2月で累計販売数が39億杯、2017年度の年間販売数は10億杯突破が見込まれている、同社の人気商品の1つだ。セブン-イレブンの店舗数も2万店を超え、「SEVEN CAFE」の新たな可能性を追求し、より多くの人に新たなコーヒーの美味しさを味わってもらいたいという思いから、今回のリニューアルに至った。

「SEVEN CAFE」のリニューアル自体は、これまでにも2回行ってきたが、今回は発売以来初の大幅刷新となる。リニューアルのテーマは"よりリッチな味わい"。「SEVEN CAFE」の特徴であるスッキリとした味わいを残しつつ、よりコクと香りを味わえる仕上がりを目指した。

従来の豆のブレンドを見直し、焙煎の仕方を「香り焙煎」と「コク焙煎」の2種類から、豆の特徴別に「華やかな香り焙煎」・「深いコク焙煎」・「芳ばしい香り+コク焙煎」の3種類で焙煎する"トリプル焙煎法"を採用。さらに、1杯あたりの豆使用量を約1割増量することで、良質な風味を抽出し、コクのある味わいに仕上げた。

また、様々な商品を扱うコンビニエンスストアだからこそ、他の食品との食べ合わせが悪くならないよう、食品のテイストを邪魔しない味になることも意識したという。
○蒸らしに手間をかけても45秒をキープ

1杯ずつのドリップ製法はそのままに、専門店の丁寧な淹れ方を機械で再現すべく、豆を蒸らす時間を延長した。なお、豆を蒸らす時間を延長した分、他の工程を見直しているため、従来通り45秒での提供となる。

実際に飲んでみると、従来のものよりコクや香りをしっかりと感じられ、豆の蒸らしによる変化を実感できた。その一方で、スッキリとした後味は変わらず残されており、ブラックでも飲みやすいコーヒーだった。また、今回のリニューアルでは価格の変更はなく、これまで通りコーヒー(ホット・アイス)を税込100円から楽しめる。

セブン-イレブン・ジャパンは、今後もいつでも手軽に本格的なコーヒーが楽しめる「SEVEN CAFE」を更に進化させていくことで、新たなコーヒー市場を開拓していくという。

マイナビニュース

「セブンイレブン」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「セブンイレブン」のニュース

BIGLOBE
トップへ