次は二人で!男性がデートに誘いたくなる女子の特徴・4選

2月11日(火)8時0分 ハウコレ



大勢で男性と遊ぶ機会ならあるけれど、そこから二人きりのデートに持ち込めない、と悩む女子は多いのではないでしょうか。
自分からガシガシ攻め込むのでなく、やっぱり女子たる者、男性の方から誘われて会いたいですよね。


そこで今回は、男性から「次は二人で会おうか」を自然に引き出すテクを集めてきました。


■1.変わった好物をエサにする

「相手に好きな食べ物を聞いて、それがなかなか共感されないような珍しいご飯だったら、迷わず食いつきます。
『それ食べに行きたい!』って。特になさそうだったら、『〇〇興味ない?』って、自分から提示するのもアリ」(22歳/学生)


上手く誘われるポイントは、キレイな口実をつくること。中でも、食事をエサにするのはすごく自然ですね。
変わった好物、で思いつくのはパクチー・馬刺し・ニンニク・自然薯・レバーなどでしょうか。


東京なんかは特に珍しい専門店が多いですから、「周りを誘ってもなかなか乗ってくれないんだよね・・・」と言えば、「それなら俺と行こうか」というお誘いが返ってくるはず。


■2.これが終わったら飲みたいと言う

「大人数で遊んで、個人の連絡先聞いて、いいなと思った人にもお礼のメールするでしょ?
そしたら今忙しいこと伝えて、これが終わったらパーッと飲みに行きたいって超ぼやく。
ご褒美に美味しいお酒連れてって欲しいな〜って打診すれば、次に二人で会う約束ができる」(23歳/飲食)


学生ならテスト・就活、社会人ならノルマやプロジェクト達成などなど。今ホント大変でさ、え?〇〇くんも忙しいの?じゃあお互い正念場越えたら、二人で打ち上げしたいな。
・・・ほら、とっても自然じゃないですか。


■3.相手の地元に興味を示す

「むこうが結構おしゃれなとこだったり繁華街に住んでたりしたら『そこらへん詳しくないんだよね、遊びに行ってみたい』と言う。
男の人は、自分が案内されるより案内する方が好きだって聞いたことあるし、割と喜んで計画してくれる」(20歳/学生)


相手のナワバリの中なら、抵抗なく案内してくれる男性は多いみたいです。相手のアクセスは抜群ですし。
地元のほか、学校や職場の最寄り駅でもいいですね。彼の行きつけのお店に連れて行ってもらいましょう。


■4.「ラーメンが食べたい」

「ラーメンに詳しくない男性なんてほとんどいないから。『美味しいラーメン食べたい』は、私の殺し文句」(23歳/事務)


経済的にも精神的にもとても軽く提案できる「ラーメン食べたい」。二人きりのディナーだと、「もし行ったら絶対付き合わなければいけないのかな」と敬遠してしまう男性にも有効。


「気軽にゴハン行ける男友達が欲しかったんだよね〜」と回数を重ね、徐々に距離を縮めてゆくべし。


■おわりに

いかがでしょうか。恋を成就させる秘訣は、自分から「つぎはふたりであそびましょう!」なんてがっつかず、自然と男性が誘ってくれる雰囲気をつくること。


工夫を凝らしつつ、気になる男性の「じゃあ俺と行くか」を引き出してくださいね。


(倉持あお/ライター)


(ハウコレ編集部)


ハウコレ

「デート」をもっと詳しく

「デート」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ