経済状況や仕事で成功する自信、日本は22カ国中何位? - 3万人に調査

2月13日(木)11時6分 マイナビニュース

リンクトイン(LinkedIn)は2月12日、世界22カ国を対象とした「仕事で実現したい機会に対する意識調査(Opportunity Index 2020)」を発表した。対象地域に居住する18〜65歳の3万人以上を対象にオンライン調査を実施。対象地域は北米2カ国、南米2カ国、中東1カ国、欧州9カ国、アジアパシフィック8カ国。

「今後1年の経済への展望」「幸福度」など7要素に関する質問を基に、経済状況や仕事で成功する自信などを指標として算出。総合では、日本は最下位を記録し、22カ国中、最も自信がないことがわかった。平均指標より2割も低く、同調査では「日本人は海外諸国と比べて仕事や成功への自信がなく、悲観的」とみている。

「人生で成功するためには何が重要だと思うか」との問いには、世界平均、日本ともに「一生懸命働くこと」が首位。2位以下は、世界平均では2位「変化を喜んで許容すること」、3位「ふさわしい人々とのつながりやネットワーク」と続いたのに対し、日本のみ「幸運」が2位に入った。同調査では「日本で働く人が、外的要因任せの傾向を持つことを示している」と分析している。

どのような仕事を求めるかとの質問には、世界平均では「ワークライフバランスが優れている」と「自分が大好きなことができる」が同率1位となったほか、「家族や友達と充実した時間を過ごす」や「身体や精神をアクティブに維持する」も上位にランクイン。一方、日本では「自分が大好きなことができる」は5位にとどまり、仕事に好きなことは求めない傾向が浮き彫りになった。

仕事機会の阻害要因を調べると、世界平均の1位は「財政的状況」だったのに対し、日本では「年齢」が1位となった。

マイナビニュース

「リンクトイン」をもっと詳しく

「リンクトイン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ