科博×東京・春・音楽祭、ヘンテコ発明家の楽器づくり4/4

2月13日(火)16時15分 リセマム

東京・春・音楽祭「音楽ワークショップ」

写真を拡大

国立科学博物館は、2018年4月4日に「東京・春・音楽祭」の音楽ワークショップ「ドレミのふしぎな旅ヘンテコ発明家の楽器づくり」を開催する。誰でも参加可能で、参加費は無料。東京・春・音楽祭のWebサイトより、3月12日まで申込みを受け付ける。

 「東京・春・音楽祭」は、新演出のオペラの制作・上演を中心に、東京・上野に根ざし、2005年より毎年春に約1か月の期間で開催する多彩な形の音楽祭。2018年度は3月16日〜4月15日の期間に開催する。

 「ドレミのふしぎな旅ヘンテコ発明家の楽器づくり」は、未就学児から高校生まで、さまざまな年代を対象とした「東京春祭 for Kids」のプログラム。国立科学博物館と音楽祭がコラボレーションした、参加体験型の音楽ワークショップだ。

 ワークショップは、「楽器をつくってコンサートをひらきたいのに、音がでない!さて、どうやったら音が出るのか、コンサートに侵入して探ってみよう」と繰り広げられる。子ども向け参加体験型コンテンツプランナーのなおやマン&しま:アイ、ヴァイオリンの坂東真奈実、ピアノの香川明美が出演する。

 イベントは午前11時からと午後2時からの2回開催で、定員は各回100名。誰でも参加できるが、未就学児は保護者の同伴が必要。参加希望者は3月12日までに、東京・春・音楽祭のWebサイトから申し込む。応募多数の場合は、未就学児・小学生を優先とした抽選となり、当落にかかわらず、3月17日までに申込み者全員に抽選結果が連絡される。なお、ワークショップへの参加費は無料だが、入館料(一般・大学生620円(税込)、18歳未満・65歳以上は無料)が必要となる。

◆東京・春・音楽祭 for kids 音楽ワークショップ〜ドレミのふしぎな旅ヘンテコ発明家の楽器づくり
日時:2018年4月4日(水)11:00〜、14:00〜(各回約45分)
会場:国立科学博物館 日本館2階 講堂
対象:誰でも参加できるが、未就学児は保護者同伴
定員:各回100名
参加費:無料(ただし、一般と大学生は入館料620円(税込)が必要)
参加方法:Webサイトからの事前申込み制
申込締切:2018年3月12日(月)

リセマム

「東京」をもっと詳しく

「東京」のニュース

BIGLOBE
トップへ