「税金爆死」東京都が“ヤクザのやり口”とSNS炎上! 気をつけろ「ベビーシッター1時間150円」には恐るべき罠がある?

2月13日(木)12時9分 TABLO

そもそも「待機児童ゼロ」対策はどこへ?

写真を拡大

「税金爆死」がツイッターのトレンド入り…いったい何のことだろうかと覗いてみると…。

東京都では民間のベビーシッターを「1時間150円」で利用できて、その差額を東京都が助成してくれる。「いい制度だ!」と思いきや、その差額分は収入になるとのこと。収入になるということは当然税金がかかるわけで…。知らずに制度を使いまくれば「税金爆死」…という怖い話で炎上中なのです。

民間のベビーシッターを1時間150円で利用できれば、保育園の待機児童が減るどころか、そもそも保育園にさえ預けなくてもよくなる素晴らしい制度と思えます。しかも、正規の料金との差額を東京都がベビーシッターへ補填してくれるなら万々歳です。ですが、東京都はなんでそんなに大盤振る舞いできるの? と疑問に思った方も多いでしょう。そうです。そこにはカラクリがあったのです。

そもそもこういった制度は以前からありました。保育園の待機児童問題解決の一環として「場つなぎ」でベビーシッターも活用してもらおうと、助成金を出すことにしたのです。東京都では1時間150円と正規の金額(1時間当たり2400円が上限)との差額です。しかし、その差額はあくまでも利用者に助成するという制度なので、名目上は「収入」になります。収入であれば当然、税金がかかるわけです。

税金の額は利用者の給与収入(年収)額や正規の料金にもよるので一概にはいえませんが、仮に年収300万円で正規の金額が1時間2400円、月平均220時間(日平均7時間程度)利用したとして、月に助成される金額は36万円となります。結果、月にかかる税金が89600円…年間にして1075200円です。そのカラクリを知らずに利用していれば、来年になって「100万円も取られるの」と詐欺にでもあったと思うかもしれません。それこそ「税金爆死」です。

こんな「税金爆死」制度をめぐってツイッターを中心にこんな声が溢れています。

「なんやこれ、めちゃくちゃ過ぎるだろ」

「まさにヤクザの手口…死にたくなるよね」

「パッと見は安くて中身は物凄く高い。怖い」

「新手の詐欺?骨の髄まで吸い取る悪魔…」

しかし、そんな怒りと絶望の言葉に対して、現実的な冷めた意見も出てきています。

「税金がかかるのは当たり前。無知が悪い」

「そもそも“場つなぎ”の制度をがっつり使うな」

「それでも安いのは事実です。騒ぎすぎ」

たしかに、東京都も良かれと思って作った制度なのでしょうし、実際に支払うべき正規の金額よりも、かかる税金のほうが安いのは事実です。しかし東京都の説明不足は否めません(注釈等があるにせよ)。民間のベビーシッターは当然、ただただ利用してほしいでしょうから「1時間150円!」と強調したいのも当然です。税金の事は後回しにして、そのおいしい部分だけが、ネットニュースの見出しのように独り歩きしているわけです。

「うまい話にはウラがある」自戒を込めて、おいしそうな情報には気をつけたいものですね。(文◎編集部)

TABLO

「税金」をもっと詳しく

「税金」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ