【心理テスト】最初に何が見えたかで分かる「あなたに必要な愛情」! 本当に求める愛のタイプが丸裸に!

2月13日(火)8時0分 tocana

※イメージ画像は、「Thinkstock」より

写真を拡大

 人間関係に何を望んでいるかというのは案外難しい問題だ。仕事や経済的利益を求めてのことならまだ分かりやすいが、恋愛などのプライベートな関係の場合、その目的を理解するのは自分のことでも難しい部分があるだろう。パートナーとの関係から何を得たいのか? どうしたらより幸せを感じることができるのか?

 今回「Your Tango」からご紹介するのは、ロマンティックな関係であなたが得たいと思っていることを知るためのテストだ。下の画像を見て、最初に見えたのは一体何だっただろうか? そのシンボルはあなたが求めているものを象徴しているという。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/02/post_15971_entry.html】


■男の顔

 男の顔が最初に見えた人は出会う全ての人が敬意を払うようなタイプだ。自分が他人からどのように見られているか分かっているので、好かれるように振舞って相手に気に入られるのも得意である。だからといって決して不誠実なわけではなく、仕事を懸命にこなすタイプでもある。

 このタイプに必要なものは「相手からの理解」である。内面が複雑で様々な側面を持つが、一度に提示できるのは一つの側面だけだ。このタイプを他人が理解するのは時間がかかるので、特に親しくなりたい相手には時間をかけて自分の様々な部分を見せていく必要がある。そうすればその人からの理解、そして尊敬や感謝の念を得られるだろう。

■コートの男

 コートの男を最初に見た人は、内面に深い悲しみをたたえているタイプだ。うつ病とまではいかないが、あまり元気がある状態ではないかもしれない。一方で、あらゆる物事のバランス(生と死、幸せと悲しみ、始まりと終わりといったことまで)を鋭く感じ取れるタイプでもある。

 このタイプに必要なのは「全てを受け入れられること」だ。このタイプが持ち合わせる悲しみや憂鬱を生来のものと理解しないどころか修正しようとするような人ではなく、全て受け入れてくれる人をパートナーとして探すべきだ。悲しみに満ちた内面を受け入れてくれる人と過ごす人生は価値あるものになるはずだ。

■赤ん坊

 赤ん坊がまず見えた人はしばしば無力感を覚えるタイプだ。大人で経済力も生活力もあるけれど、全てが崩れ落ちる瞬間を待っているようなタイプである。睡眠不足で走り回ったり、ストレスまみれで週末は酔って泣き喚いたりするようなことに覚えがあるかもしれない。

 このタイプに必要なのは「養育」だ。一つ明確にしておくと、このタイプは赤ちゃんではない。子供ではないけれど、長いこと一人ではいたくない、そんな人だ。このタイプに必要なのは、背負っている肩の荷を降ろしてくれること、暖かいお茶をマグカップに注いでくれること、愚痴に耳を傾けること、夜は安らかに眠らせてくれることだ。燃え盛る情熱のような愛ではなく、落ち着いた岩のように穏やかな愛情である。

■魔法使い

 最初に三角帽をかぶった魔法使いの姿を見たなら、好奇心と情熱を持ち合わせているタイプだ。来世にも強い興味があり、宗教にも興味があるかもしれない。今生きている人生は唯一のものでも、あるいは初めてのものでもないと確信めいたものを抱いているタイプである。

 このタイプに必要なのは「精神的なつながり」だ。精神的な充足感を感じられることが重要で、必ずしもパートナーと信念を分け合う必要はないと思っているが、同じように精神的なつながりや運命を求める相手に惹かれがちだ。

■二人の従者

 二人の従者が最初に見えた人は、意志が強く明晰で、全てをコントロールできるタイプだ。自分がもう一人いたなら、もっと気楽に人生を生きられるのにと思っているかもしれない。それは物事の道理をわきまえている人が、自分以外にもう一人部屋の中にいるからだ。このタイプは自分が常に正しいと考えているのだが、周囲の人にとってはそれが問題であったりする。

 このタイプに必要なのは「異議」だ。パートナーが善良で支えになってくれることだけでなく、間違いを指摘したり教えたりしてくれることを恐れてはいけない。パートナーはきっと新しいことを教えてくれる

(編集部)

※イメージ画像は、「Thinkstock」より

tocana

「心理」をもっと詳しく

「心理」のニュース

BIGLOBE
トップへ