「あっドア!開けられるやつちょっと来て!」仲間を呼ぶロボット、呼ばれてドアを開けるロボット。さらに生体じみたロボットたちの最新映像

2月14日(水)14時30分 カラパイア

no title

 動物じみた、あるいは人間じみた動きのロボットを次々に開発していることで知られている「ボストンダイナミクス(Boston Dynamics)」社。

 これまで、愛すべき犬っぽい動きの四足歩行や人っぽい動きの二足歩行ロボットを開発してきたが、最新版ともいえる映像が最近公開となった。

 四足歩行型の「スポットミニ(SpotMini)」がさらに進化したもので、ドアを開けたいのに開けられれないロボットが仲間を呼び、それにこたえて仲間が登場。ドアを開けてもらって仲良くドアから出ていくというもの。

 なんかもう、さらに意志を持った動物っぽくなっていて思わず吹き出しを入れてセリフをいれずにはいられない感じとなっている。
 

Hey Buddy, Can You Give Me a Hand?

 ドアの前に来た1体のスポットミニ。
 ところが自分ではドアを開けることができない。
00

 そこで彼は仲間を呼んだ。
 頭に腕を持ったタイプの仲間が登場。
2

 アームを上手に使ってドアをあけてくれた
4

 2匹、じゃない2体はうれしそうにドアを通って去って行ったとさ。
5

 仲間と助け合うその姿とか、すごく生物じみていて、意志を持つAIロボット時代の到来を感じさせてくれちゃうだろ。
 
 ちなみにスポットミニの前のバージョンでは、バナナの皮ですっころんでしまうおちゃめな一面を見せてくれている。

あらやだかわいい。家事もできるし、バナナの皮で転んでも起き上がれるよ!ボストンダイナミクス社の本足歩行ロボット「SpotMini」 : カラパイア 

 もともとはDARPA(アメリカ国防総省)の資金援助を受けて開発を進めていたボストンダイナミクス社だが、2013年にGoogleに買収され、2017年今度はソフトバンクが買収した。

 ソフトバンクのスマホのCMで人気の犬のおとうさんがロボットになる日もそう遠くないのかもしれない。

カラパイア

「ロボット」をもっと詳しく

「ロボット」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ