「宇宙で頑張る人応援したい」 大正製薬がプロジェクト、リポビタンDにはやぶさ2

2月14日(金)20時8分 毎日新聞

大正製薬の宇宙応援プロジェクト発表会で、応援メッセージを津田雄一・はやぶさ2プロジェクトマネジャー(右)へ贈呈する梅岡久・同社マーケティング本部長=東京都江東区の日本科学未来館で2020年2月14日、永山悦子撮影

写真を拡大


 「宇宙で頑張るすべての人を応援したい」と、栄養ドリンク「リポビタンD」を発売する大正製薬が14日、「リポD SPACE PROJECT(スペース・プロジェクト)」を発足すると発表した。小惑星探査機「はやぶさ2」の図柄が付いたリポビタンDを同日から通信販売で発売するほか、同社のホームページやツイッターを活用した宇宙開発関係者への応援を本格化するという。


 同社は、これまでも宇宙航空研究開発機構(JAXA)のはやぶさ2プロジェクトチームや、国際宇宙ステーションの運営にかかわるメンバーらに応援メッセージを届けたり、宇宙開発にかかわる企業にリポビタンDの差し入れをしたりしてきた。


 梅岡久・同社マーケティング本部長は「はやぶさ2が今年末に地球へ帰還する。それに向けて多くの関係者が力を合わせて戦っている。はやぶさ2だけではなく、宇宙開発にかかわる多くの方が日本の科学技術の発展や夢の実現のために努力をしている。そういった皆さんを応援し、国民の皆さんの関心を高めたい」と述べた。JAXA関係者らへの応援に加え、プラネタリウム向け映画「HAYABUSA2〜REBORN」(上坂浩光監督)への協賛や、人気漫画「宇宙兄弟」のキャラクターを使った情報発信などにも取り組むという。


 「はやぶさ2限定ボトル」は、はやぶさ2の小惑星への到着や着陸、人工クレーターの作製、初代はやぶさの図柄も含む5種類。プロジェクト発表会には、はやぶさ2の津田雄一・プロジェクトマネジャーも出席し、「皆さんからの応援は、プロジェクトを成功させる大きな力になっている。小惑星リュウグウへの着陸をめぐっては判断が難しい場面もあった。そのとき応援していただき、プロジェクト外の皆さんも含めたワンチームになれた。そして、自分たちが頑張ることによって、多くの人に元気を与えることもできると実感した」と話した。【永山悦子】

毎日新聞

「宇宙」をもっと詳しく

「宇宙」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ