貯金100万円の差が、あなたの将来を左右する?

2月15日(木)19時30分 All About

100万円は貯蓄の最初の壁といわれています。この金額の向こうには、次の新しい世界が広がっています。貯金が100万円あるとないとで、将来がどのように変わってくるのか。100万円の不思議な効力を紹介します!

写真を拡大

100万円貯められたら、あなたの人生が大きく変わる

「100万円」という金額は、お金を貯める上で最初の壁といわれています。100万円の貯蓄がある人と貯蓄ゼロの人の差は、数年後には数百万円に広がっている可能性もあるのです。100万円貯められたら、あなたのマネー人生が大きく変わるはず。「100万円」が持つ、驚きの効力をご紹介します!

100万円の効力その1:使うのをためらわせる金額である

宝くじでも競馬でも、もちろんボーナスでもいいです。100万円が手に入ったら何に使いますか?ブランドのバッグ、旅行、大型家電……といろいろ浮かびますが、「いやいや、そんなものじゃなくて、これぞ!ということに使いたい」という気持ちになりませんか?では、10万円だったら?ワンピースとそれに合う靴を買って、帰りにちょっといいもの食べて……などと、すぐに使い切ってしまうでしょう。

多くの人は100万円を1日で使い切るような買い物の経験がないので、その使いみちに迷います。「よく考えて使いたいからまずは定期預金にしておこう」となるのが一般的。100万円は「使うのをためらわせる金額」なのです(定期預金という選択が適切かどうかは、とりあえず置いておいてくださいね)。

100万円の効力その2:とっておきたくなる金額である

では、手に入ったのが99万円の場合も想像してみてください。定期預金を組むなら、お財布から1万円札を1枚足して、100万円にしたくなりませんか?100万円という金額は、キリがよくて美しいまとまり感がありますよね。そういうまとまりを崩すのは心理的にイヤなもの。欲しいものがあっても、「あの100万円は手をつけたくない。ほかに貯蓄をしてから買おう」という気になるはずです。100万円はとっておきたくなる金額なのです。

全然お金がたまらないという人は、この100万円に到達する前にいつも使ってしまっているのでは? 30万円くらいまでは、「この金額ならちょっと頑張ればまたすぐ貯まるから、いいや、使っちゃえ!」と思ってしまいがちですが、そこをグッとガマンして100万円まで頑張ってみてください。

100万円の効力その3:もっと貯めたくなる金額である

100万円が貯まると、「貯蓄があるということの安心感」を知るでしょう。「もしも病気になっても、いざとなったらあの100万円があるから、病院にいけるし食べ物に困ることもない」。そんな気持ちの余裕を手にしたら、きっとお金を貯めるのが楽しくなって、もっと貯められるようになりますよ!100万円は、もっと貯めたくなる金額なのです。だから、100万円は「貯蓄の最初の壁」と言われているのです。

貯蓄100万円の差が、5年後にはどうなる?

AさんもBさんも、毎月3万円を積み立てています。すでに100万円を持っているAさんは、この貯蓄は取り崩さないと決めています。唯一、将来への投資でもある資格取得費用はここから出しますが、入院などの緊急事態やレジャー費用などに備え、もうひとつ別に貯蓄をしています。

一方のBさんは、ようやく貯蓄を始めたものの、途中で使ってしまうタイプです。Aさんがしっかり貯蓄を増やしているのに比べ、Bさんは5年経っても現状を脱出できていません。100万円の差が、5年後には約230万円に拡大してしまいました。

100万円の差が5年後には?

「備えの貯蓄」という意識が必要

Bさんは、月3万円の貯蓄を決意したのはよかったのですが、備えの貯蓄ではなくて、使うための貯蓄という意識が失敗の原因。せっかく貯めても使ってしまうので、5年経っても一向に貯蓄が増えていません。2年目の旅行のためには、もう一つ別に「旅行用の貯蓄」をするべきでした。お友達の結婚のお祝いも、数カ月前にはわかることですから、その時点から「お祝い用貯金」として、月に5000円や1万円ずつ貯めていくべきでした。

100万円を貯めるプラン

現在、自分はBさんに近いな……そう思ったら、さっそく今月から貯め始めましょう!お給料が入ったら、「物欲の魔の手」が伸びないうちに3万円なり5万円なりを貯蓄用に取り分けてくださいね。銀行の自動積立(自動積立定期預金)や財形貯蓄(勤務先が制度を導入している場合)は、気づかないうちに給与天引きで貯まるので便利ですよ。100万円貯めるための毎月の積立額を表にしました。何年かけて100万円を貯めるか、毎月いくら貯めればいいか、ボーナス時はいくら貯めたらいいか。ぜひ参考にしてください。

■100万円貯蓄プラン例
毎月の積み立てとボーナスを併用して、100万円を達成!
(文:やがら 純子)

All About

「貯金」をもっと詳しく

「貯金」のニュース

BIGLOBE
トップへ