ビジネスと心理学を結びつける

2月15日(木)12時0分 ビーカイブ

ビジネスにおいて心理学は欠かせないキーワードです。お客様の心をつかむこと、さらにはビジネスの相手の心をとらえるため、心理学は重要だといえるでしょう。





何を役立てるべきか


酒井穣による『ビジネスでいちばん大事な「心理学の教養」:脱「サラリーマン的思考」のキーワード』(中公新書ラクレ)は、ビジネスシーンにおいて必要な心理学の教養を一冊にまとめた本です。ビジネスと心理学というと、俗流心理学のような本が多くあふれていますが、本書は多くの現場を経験してきた人事戦略家による具体的な事例を紹介しています。実際にビジネスの現場で起こったことをもとに記されていますので、活用できる場面がより広がっているといえるでしょう。


すべてに応用可能


本書では心理学で使われる用語ごとにシチュエーションが紹介されています。ビッグファイブや、スティグマ、潜在学習、イマージョン・プログラムといったものです。そのためどれも名前くらいは聞いたことがあるけれども、実際には何を指すのかわからないという人にとってはうってつけの本でしょう。感覚としてつかみつつあるものを、きちっとした学術的な裏付けによって確かなものとするためにも本書は有効に活用されることでしょう。

ビーカイブ

「心理学」をもっと詳しく

「心理学」のニュース

BIGLOBE
トップへ