山形・肘折温泉、過去最高積雪で宿泊無料に! バレンタインの夜、何人泊まったの?

2月15日(木)17時0分 Jタウンネット

肘折温泉ホームページより

写真を拡大

2018年2月12日、東北地方で大雪が発生した。


豪雪地帯として有名な肘折温泉(ひじおりおんせん、山形県大蔵村)では、過去最高となる積雪425センチ(14日10時時点)を記録し、従来の記録414センチ(2013年2月)を10センチも上回った。


実はこの肘折温泉、2017年11月に「ドカ雪・大雪割キャンペーン」を2018年1月から3月まで実施すると発表していた。降雪量に応じて、旅館が割引されるというが——。


2月の平日に130人も訪れた



キャンペーンは、気象庁の肘折アメダス統計が計測した、宿泊日前日15時までの24時間降雪量に応じて宿泊料、入場料、買い物などの割引を行うというもの。実施期間は、2018年1月11日〜3月11日まで。


例えば、降雪量30〜44センチの場合、1人1泊につき500円の割引となる。宿泊料金は旅館により異なるが、軒並み7000円からが相場だ。


また、積雪が415センチ以上(最高積雪深更新)となると、1泊分の宿泊料が無料となる。つまり14日夜は、宿泊料無料の条件を満たしたことになる。


2月15日、Jタウンネット編集部が肘折温泉観光案内所に温泉利用客の出入りについて聞くと「2月11日からキャンペーンに対する問い合わせが多く、昨日(14日)宿泊した人は130人以上だったと聞いています」と話し、


「平日に130人以上来ることはまずないです」

という。


例年、2月は雪と寒さからお客の出入りは少なく、平日は各旅館で2〜3人ほどしか訪れないが、今年はキャンペーンを狙って来た人も多かったとのことだ。


14日は天候が良く、雪も溶けた。気象庁の発表によれば15日11時時点で362センチにまで雪は減り、「降雪量が30センチにも満たないため、15日は、割引されません」と話した。

Jタウンネット

「温泉」をもっと詳しく

「温泉」のニュース

BIGLOBE
トップへ