現代の鳥獣戯画“ゆるふわ昆虫図鑑”が今度は塗り絵に! 大人もガチで楽しめるイラストが満載

2月15日(木)12時0分 ねとらぼ

2月17日に発売されるぬりえ本『じゅえき太郎の 昆虫採集ぬりえ』

写真を拡大

 昆虫や爬虫類などの日常をゆるふわな世界観で描くTwitterアカウント「ゆるふわ昆虫図鑑(@64zukan)」が、2月17日に初のぬりえ本『じゅえき太郎の 昆虫採集ぬりえ』(KADOKAWA)を発売します。B5判52ページで税別1000円。
 2016年8月からTwitter上でイラストを投稿し始めたじゅえき太郎さん。現代の鳥獣戯画のようなタッチに昆虫たちのゆる〜いコメントが話題を呼び、ねとらぼでも取り上げた他、2017年10月には初の書籍『ゆるふわ昆虫図鑑 気持ちがゆる〜くなる虫ライフ』が発売されました。
 そんなゆるふわな世界を塗り絵で楽しめるのが本書。本格的に塗り絵をはじめたい人向けに、見開き2ページの大判で塗り絵を収録しています。人気のカブトムシやクワガタをはじめ、愛嬌のあるカナブンや大迫力のスズメバチ、Twitterによく登場するカエルも登場しています。
 また登場した虫たちのイラストやユーモアあふれる一言コメントも掲載している他、これまでありそうでなかった“4コマ漫画の塗り絵”も楽しむことができます。

ねとらぼ

「昆虫」をもっと詳しく

「昆虫」のニュース

BIGLOBE
トップへ