学校導入が進むiPad、親が知っておきたい5つのこと…Z会Asteria

2月15日(木)16時30分 リセマム

進学先の学校でiPad導入?! 保護者として知っておいてほしい5つのこと~

写真を拡大

iPadをフル活用するオンライン講座「Z会Asteria」は、教育×ICTをテーマとしたWebサイト「マナビシフト for the future」で、学校で導入されることの多いiPadについて、保護者が事前に知っておくべきことなどをまとめて紹介している。

 最近、タブレットやコンピューターを教育に活用する学校が増えてきており、特に私立の中高一貫校では「1人1台のタブレットを学年ごとに順次導入」というケースも増えている。

 最先端の学びの情報を提供する「マナビシフト for the future」は「進学先の学校でiPad導入?! 保護者として知っておいてほしい5つのこと〜」と題して、学校で導入されることが多いiPadについて、保護者が事前に知っておくべきこと、検討・確認しておくと良いことなどを公開。

 「学校で配布されるiPadは、お店で買うiPadとは違う?」「iPadのモデルは選べる?」「ケースやキーボードは事前に用意しておくべき?」「機能制限の良い点・悪い点」「(おもにZ会会員向け)Z会のアプリが学校のiPadで使えるかどうか」の5つのポイントにまとめて紹介している。

 Z会Asteriaは、Z会の指導実績と最新テクノロジーの融合により実現した学習サービス。英語4技能講座、数学新系統講座、総合探求講座の3講座を開講し、教育ICTという効果的な手段・ツールを用いて、ひとりひとりに合わせた多様な教育機会を提供している。

リセマム

「iPad」をもっと詳しく

「iPad」のニュース

BIGLOBE
トップへ