解熱剤×糖分、ニキビ薬×アロエ 実はNGな「のみ合わせ」

2月15日(金)16時0分 NEWSポストセブン

アロエはニキビ薬との併用に注意(写真/PIXTA)

写真を拡大

“うなぎと梅干し”、“天ぷらとスイカ”など、歴史のあるNG「食べ合わせ」が存在するが、これらは迷信のような側面もある。では、本当に避けるべきものは? そこで、最新研究でわかった、食品やサプリメントに関する「NG食べ合わせ」「NGのみ合わせ」を紹介する。


◆リウマチ新薬×グレープフルーツ


 グレープフルーツが、風邪薬だけでなく「リウマチの新薬」と相性が悪いことも最近の研究で明らかになっている。『薬が毒に変わる危ない食べ合わせ』の著者で医師の柳川明さんが言う。


「『JAK阻害剤』と呼ばれる新しいリウマチ薬は肝臓で解毒されるため、グレープフルーツと組み合わせると、肝臓に負担がかかり、免疫力が低下して帯状疱疹になる可能性が報告されています」(柳川さん・以下同)


◆ニキビ薬×アロエ


「原因はまだ解明されていませんが、ニキビ治療に使われる抗生物質とアロエを一緒に摂ると、吸収阻害が起きて薬の効果が低下することが報告されています」


 美肌効果を期待してアロエヨーグルトを食べたり、アロエのサプリメントをのんだりする人もいるが、ニキビ薬との併用はその効果を台無しにしてしまう。


◆解熱剤×糖分


 母親として気をつけたいのが、子供が熱を出した時の食べ合わせだ。


「病院に行って解熱剤の『アセトアミノフェン』を処方された場合、薬をのんですぐにチョコレートやビスケット、クラッカーなど糖質の多い食べ物を食べさせないように気をつけてほしい。アセトアミノフェンが糖と結びついて吸収されなくなり、効果がなくなってしまいます」


 ちなみに、今流行しているインフルエンザの新薬『ゾフルーザ』は、アセトアミノフェンを配合していないため、気にすることはないという。


※女性セブン2019年2月28日号

NEWSポストセブン

「ニキビ」をもっと詳しく

「ニキビ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ