BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

ゴールドマン・サックスも予言 スマホの次に来る「VR」って使えるの?

文春オンライン2月17日(金)11時0分

 2016年が 「VR元年」と言われるほど一部で盛り上がっていたことをご存じだろうか? VRとは「バーチャル・リアリティ」(仮想現実)。第一次VRブームは平成元年。「今さらVR?」と思われる人も多いだろう。


 ここで思い出すのが、かつての3Dブームだ。一時期はメーカー各社が、3D立体視に対応するテレビをこぞってリリースしたものの、今では話題にも上らなくなっている。


 筆者も自分で初めて最新型のヘッドセット型モニターOculus Riftを体験するまでは、VRも一時的なブームだろうと捉えていた。だが一度体験してみると、これは単なるブームでは終わらないな、と思わされたのである。


米国大手投資銀行も「次はVRが来る!」と予言


 実は、あのゴールドマン・サックスも「次はVRとAR(拡張現実)が来る」と予言しているのだ。ゴールドマン・サックスの投資調査部のレポートは、AR/VR市場が2025年には約950億ドル(10.8兆円)まで拡大し、PC・スマートフォンに続く第3のプラットフォームとして市場を形成する可能性があると予測している。


 そもそもVRとは、人工的に作り出された仮想の空間を、あたかも現実のように感じさせる技術。


 テレビが、その“枠”の中にある映像が観られるだけなのと違い、VRの場合は、右を向けば右に広がる景色が観られ、上を見上げれば天井や空が広がっている。現実では当然出来ることをVRで可能にしたことで、今居る場所とは違う“ある空間”に、自分がまるで“居る”かのような錯覚を起こさせるのだ。


VR上に落ちているものを掴んで投げると壁が傷つく


 そんなVRの、消費者向けとしては先駆的なモデルがOculus Riftだ。パソコンと連係させたヘッドセット型のモニターを頭に装着すれば、VRが気軽に楽しめる。さらに、同機にはOculus Touchという、手に装着するデバイスが別売りで用意されている。このOculus Touchを手にすると、手や指の動きをVR上に再現できるようになる。例えば、VR上に落ちている物を掴んで投げると、物が壁に当たって壁が傷ついたりする。


 VRのヘッドセットだけを使っていた時は、ユーザーは、その世界を傍観しているだけだった。それがOculus Touchを使うと、自分の動作が、その世界に影響を与えられる。動作の結果が“ある世界”に反映されることで、単なる傍観者ではなく、より“居る”または“実在する”という感覚が高まるのだ。


VRを体験するためのお薦めデバイス


 VRを体験するための製品は、昨年さまざまなモデルが発売された。Oculus RiftのようにPCと連係して使うもの、PlayStation 4用のPlayStation VR、そしてスマートフォン、特にサムスンのスマートフォン、Galaxyシリーズを装着させて使うGear VRなどだ。


 クオリティの高いコンテンツを楽しみたいのなら、Oculus RiftやPlayStation VRがお薦め。特にOculus Riftについては、ハードウェアとしてのクオリティが高いだけでなく、楽しめるコンテンツも多い。


Oculus Rift(Oculus社)はPCと繋げて使うタイプ(上)。環境映像やゲームなどのコンテンツをネットからダウンロードして楽しめる。手や指の動きを検知するOculus Touch(下)を使えば、VR上の物を掴んだり投げたりできるだけでなく、サムズアップなどの動作も可能にする。
PlayStation VR(SONY)はPlayStation4またはProと繋げて、PlayStation Storeからダウンロードしたコンテンツがプレイできる。VR空間上で複数人でのプレイにも対応するゲームがある。別売りのPlayStation Moveを使えば、手の動きをVR空間上に再現できる。

 ただし、いずれもVR本体以外に、ハイスペックなPCやPlayStation 4が必要になる。


 もっと気軽にVR体験をしたいのなら、スマートフォンをゴーグルに装着する簡易型のVRデバイスがよいだろう。数が多いだけに、選ぶのが難しいところだが、現時点でお薦めできるのは、Gear VR。技術開発に、前出のOculus Riftのオキュラス社が関わっているモデルだ。スマートフォンのサムスン Galaxyシリーズが必要になるが、同ユーザーであれば迷わず「Gear VR」を選ぶべき。


GearVR(Samsung)は対応のスマートフォン、Galaxyシリーズを、ゴーグル内に格納して使う。専用アプリから、音楽やゲームなどのコンテンツをダウンロードして楽しめる。フィット感や使用感も高く、メガネをかけたままでも装着できる。

視覚聴覚だけでなく、触覚も


 VR機器や対応コンテンツの開発は、まだ端緒についたばかり。現在は主に、視覚と聴覚によって実在感を高めている。だが今後は、バーチャル空間上の物に触れた時の感覚、触覚に関する技術も進化していくはずだ。


 またコンテンツも、現在はゲームや環境映像、音楽などが中心だが、新たなジャンルのコンテンツが生み出されていくだろう。まず考えられるのが、ソーシャル機能を強力に組み込んでいくことだ。離れた場所にいる友だちと一緒に映画を楽しむ、というコンセプトは、動画ストリーミングサービスのHuluが既に始めている。PlayStation VRでも、複数人のゲームプレイが可能だ。


 また、VRが普及すれば、打合せや会議などもVR空間上で行われるようになってもおかしくない。今あるテレビ電話などよりも実在感の高いVRであれば、より緊張感のある会議が行えるはずだ。小型・軽量化も進み、誰もがVRを気軽に楽しめる時代が来るだろう。


 現在は黎明期ということもあり、各地でVR体験会が催されている。まずは、その凄さを体験してみるといいだろう。そこから新たなアイデアが生まれてくるかもしれない。


(河原塚 英信)

はてなブックマークに保存

最新トピックス

トレンドトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

「ゴールドマン・サックスも予言 スマホの次に来る「VR」って使えるの?」の関連ニュース

注目ニュース
夫がゲームに1,200万円の課金…こんなときには離婚できる? シェアしたくなる法律相談所4月24日(月)21時50分
*画像はイメージです:https://pixta.jp/インターネット上の掲示板サイトで、「旦那がゲームに1,200万円の課金していること…[ 記事全文 ]
6300円のはずが「63万円」…間違って振り込まれたバイト代、もらっても大丈夫? 弁護士ドットコム4月17日(月)9時52分
先月辞めたバイト先から給料6300円が振り込まれる予定だったのに、63万円も入っていたーー。ネットの掲示板にこのような体験談が寄せられた。[ 記事全文 ]
“お尻ふりふり”が招いた事故 ナリナリドットコム4月24日(月)18時25分
先日ある若い女性が、自分の魅力をアピールしようと、道路を行き交う車に魅惑的なダンスを披露していた。[ 記事全文 ]
体調不良なのに「這ってでも出社しろ」と言われた…こんなのってアリ? シェアしたくなる法律相談所4月24日(月)6時30分
*画像はイメージです:https://pixta.jp/日本の会社員は有給休暇を取る人が少ないといわれています。[ 記事全文 ]
電話対応、「少々お待ちください」は間違い? マイナビニュース4月24日(月)7時30分
新入社員は入社して、すぐ電話を受けることを任されることが多いかもしれない。最初のうちは、対応に戸惑った経験のある人もいるのではないだろうか。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 電話対応、「少々お待ちください」は間違い?マイナビニュース4月24日(月)7時30分
2 “お尻ふりふり”が招いた事故ナリナリドットコム4月24日(月)18時25分
3 5年間付き合った彼氏が「既婚者」と判明、妻に慰謝料請求されたらどうなる?弁護士ドットコム4月13日(木)10時0分
4 体調不良なのに「這ってでも出社しろ」と言われた…こんなのってアリ?シェアしたくなる法律相談所4月24日(月)6時30分
5 ふるさと納税 今がラストチャンスの高額返礼品リスト8女性自身4月24日(月)6時0分
6 夫がゲームに1,200万円の課金…こんなときには離婚できる?シェアしたくなる法律相談所4月24日(月)21時50分
7 スイスの「レーティッシュ鉄道」で萌えキャラマスコットが正式採用 夢を叶えた“スイス大使”に経緯を聞いたねとらぼ4月24日(月)12時30分
8 「酒気帯び運転」で事故を起こした知人の「替え玉」に…バレたらどんな罪に問われる?弁護士ドットコム4月18日(火)10時9分
9 LINEじゃなかった…!「彼の浮気が発覚した」衝撃の実話3選Menjoy![メンジョイ]4月23日(日)10時20分
10 【NEWS】「デブになったから離婚〜小朝と泰葉」RICON相談ドットコム11月25日(金)16時35分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア