「ドリアン」のニオイを再現することに成功、さらに男性がモテるための秘訣も明らかに(ドイツ・オーストラリア研究)

2月17日(金)9時0分 カラパイア

00_e0

 東南アジアの珍味「果物の王様」と言われているドリアンは、好きな人は大好物、苦手な人はマジもう勘弁な独特のニオイのする果物である。

 好きな人にとってはクリームチーズのようにとろけ、甘い香りがするとても美味しい果物なのだが、中身を食べる前に襲ってくるのが強烈な悪臭。

 それは足の臭い人の靴下、下水、腐った肉のようなニオイと称され、本当に食べてもいいものなのかと躊躇してしまう。

 そのあまりの臭さに、東南アジアの一部のホテルや公共交通機関ではドリアンの持込が禁止されていることが多いのだが、この度、ドイツの研究チームがドリアンが放つ強烈な悪臭を調べたところ、たった2つの化合物でこの悪臭を再現する方法が見つかった。


 ドリアンという名前はマレー語でとげを意味する「ドリ」からきている。その名のとおり、ドリアンの外側はとげとげした硬い殻で覆われている。

 とても栄養値の高い果物で、ビタミンC、ビタミンB、チアミン、銅、鉄、繊維、良質な脂を含んでいる。

2_e8

【ドリアンの臭いを特定、2つの化合物で再現に成功】


 雑誌『農学と食品化学(Agricultural and Food Chemistry)』に掲載された今回の研究記事によると、研究者たちがドリアンの化合物を分析したところ、研究者たちはドリアンの臭いを生み出している19の化合物を特定したという。

 研究を率いたいのはドイツの食品化学研究センターのマーティン・ シュタインハウス博士。研究チームは、ドリアンの19の化合物の臭いの活性値を計算し、どれが最も強力か調べた。

 トップ3は、キャベツと硫黄の臭いがする化合物、それに続くのが、腐ったオニオン臭とローストオニオン臭だった。

 また、研究者たちはこのドリアンの臭いをたった2つの化合物、ドリアン臭のエチル(2S)-2-メチルブタノールとオニオン臭の1-(エチルスルファニル)エタンチオールで再現できることを発見したという。

3_e7

【果物や野菜が男性のニオイをより魅力的にする】

 
オーストラリア、シドニーのマッコーリー大学の研究チームがもてたい男性にとって興味深い研究結果を発表した。

 彼らの研究によると、女性が男性に対し一番魅力的だと思う匂いは、果物や野菜をたくさん食べる男性のものだということが判明した。果物や野菜を多く食べる男性からはフローラルでスウィートな香りがするのだとか。

 また、肉や卵や豆腐をたくさん食べる男性の汗の匂いも好感度が高かった。しかし、パスタやパンやその他の炭水化物を日常的に多く食べる男性の汗の匂いは一番高感度が低かった。


【女性は男性のニオイから魅力を判別している】


 マッコーリー大学の心理学者であるイアン・スティーブン博士と研究チームはこの結果を、「男性の体のニオイ匂いは彼らの健康度を表すシグナルで、女性は男性のニオイから健康度を確かめている可能性がある」と示唆している。

 彼らは、雑誌『進化と人間行動(Evolution and Human Behavior)』で「女性は、男性の体のニオイの特徴を確実に測ることができます。男性の腋の下の汗は女性にとっては男性の健康状態を知るための大切な情報源です」と述べている。

 また、他にも肌が黄色に近い人はニンジンなどに含まれるカロテノイドが豊富な食べ物を食べている証拠で、女性にとっては魅力的な男性なのだという。

4_e7

 実験ではスペクトロメーターを使用し、カロテノイド値による男性の肌の色レベルを測り、果物や野菜の摂取量を予測することができた。

 そして、43人の男性から集めた汗のニオイを9人の女性に嗅いでもらったところ、女性たちの好感度がより高かったのは、花や果物や甘い匂いがする、または健康的だと受け止められたカロテノイド値が高い男性の汗だった。

The secret of the world's stinkiest fruit revealed: Chemists pinpoint the nineteen compounds that make the Durian smell like 'gym socks, garbage and rotting meat'/ translated melondeau / edited by parumo

 ということでまああれだ。ドリアン臭を容易に発せることができる化合物が解明できたという事実はさておき、男性の場合には、野菜と果物をたっぷり食べることでモテる可能性が浮上したってことだ。ニンジンとトマト、マンゴー、パパイヤ、オレンジは極力食っとけってことだ。

カラパイア

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ドイツをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ