BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

好きすぎて止まらない!撮影中でも相棒の警察官にキスすることをやめなかった犬(アメリカ)

カラパイア2月17日(金)11時30分
top

 鋭い聴覚や嗅覚を備え、追跡能力にも長けている犬たちの中には、K9(警察犬)としての訓練を受け、警察や法執行機関で活躍する個体もいる。

 第一線で活躍するK9は、ハンドラーと呼ばれる担当職員とペアを組み、一体となって犯罪や治安にまつわる任務にあたることになる。

 勤務中は任務を全うし、全身全霊で人間の期待に応える彼らでも、一歩仕事を離れればそこは普通の犬である。飼い主が大好きでもう止まらないのだ。

 そんなK9とハンドラーのほほえましい関係が一目でわかる写真撮影がネット上の人々の心を和ませていた。

【ペアで写真撮影に挑むも、仲良し過ぎてNG連発】


 先日、米インディアナ州の天然資源省の保全執行部の一員となった職員レヴィ・ナックとK9のケノービは、ペアでプロフィール写真を撮ることになった。

写真撮影に挑むケノービとナック
1d_e

 ナックのほうは、職員の立場にふさわしい冷静かつプロフェッショナルなキメ顔を見せようと努力するのだが、相棒のケノービはそんなことはお構いなしで大好きなナックに甘えてしまう。

ケノービのキスで帽子がずれると、キメ顔のナックの頬も緩んでしまう
2d_e

帽子を直すと今度はペロリ。ケノービのラブアタックルは止まらない。
3d_e

ケノービの茶目っ気に翻弄されつつ、やっとクールなショットが撮れた
4d_e

 見てるこっちも心がぽかぽかしてくる彼らの様子は、あっという間にネット上で拡散し、大勢の人々の心を和ませている。

 ケノービは勤務中は有能なK9。困難に立ち向かい犯人を追う。にもかかわらず、プライベート的な写真撮影になると一遍。隙あらば相棒にキスしちゃうのだ。それにこらえきれず微笑んでしまうナック。その表情からしても、彼らは本当に仲の良いペアなのだろう。

【お茶目なケノービの素顔は甘えん坊のわんこ】


 で、予想を裏切らないプライベートショットがこちら。大きな体のケノービが、かまってちょうだい!とばかりにナックさんとPCの間に割り込む始末。

3p_e

それもダメならこれはどう?と、視界ブロックからの、人犬一体化に成功
4p_e

 とはいえこれはあくまでもプライベートな姿だ。オンとオフの切り替えスイッチがちゃんと作動している有能犬、それがケノービなのである。

 彼らに課せられる任務は幅広く、行方不明者の追跡や犯罪活動の証拠の特定、違法に捕獲された野生生物の発見なども含まれる。

5p_e

 犯罪者を追い、治安を守るため行動を共にするレヴィ・ナックとケノービ。種族を超えた友情を確立している1人と1匹は、今後もあらゆる任務を順調にやり遂げていくことだろう。


via:boredpandathedodo・translated D/ edited by parumo

はてなブックマークに保存

最新トピックス

トレンドトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

関連ワード

「好きすぎて止まらない!撮影中でも相棒の警察官にキスすることをやめなかった犬(アメリカ)」の関連ニュース

注目ニュース
LINEじゃなかった…!「彼の浮気が発覚した」衝撃の実話3選 Menjoy![メンジョイ]4月23日(日)10時20分
「彼氏が浮気していないか心配……」という声は、意外と頻繁に耳にします。そのため、こっそりLINEチェックをしたり行動の矛盾点を洗い出そうと…[ 記事全文 ]
嘔吐や耳鳴り 医師の決めつけで重病が放置された誤診の例 NEWSポストセブン4月23日(日)7時0分
「私の誤診率は14.2%である」──神経内科の権威で東大名誉教授の冲中重雄氏は、1963年、東大を退官する際の最終講義でこう述べた。[ 記事全文 ]
「俺たちが今の日本を作ったんだぞ!」 老害芸能人ランキングの9位に入った梅沢富美男さんが炎上中 ガジェット通信2月20日(月)7時30分
2月16日放送のTOKYOMX「バラいろダンディ」に出演した、梅沢富美男さんが現在炎上しているようである。[ 記事全文 ]
【衝撃動画】深海でガチで「エイリアンにしか見えない生命体」が発見される! 巨大な頭部、釣りあがった目…謎すぎる姿 tocana4月22日(土)7時30分
地球最後のフロンティア「海」。地表の70.8%を占める広大な海の底にはまだまだ我々の知らない奇怪な生物が生息しているといわれている。[ 記事全文 ]
安藤優子「大変痛々しい姿で……」 がん闘病中の中川俊直議員の妻を取材し土下座する姿を放送したフジテレビに批判の声 ガジェット通信4月22日(土)14時54分
4月20日発売の『週刊新潮』に、中川俊直・衆議院議員の女性スキャンダルが掲載された。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 安藤優子「大変痛々しい姿で……」 がん闘病中の中川俊直議員の妻を取材し土下座する姿を放送したフジテレビに批判の声ガジェット通信4月22日(土)14時54分
2 オレンジ色に輝く6機の「UFO編隊」が出現! 移動→点滅→停止をリピートする異常事態に衝撃広がる=米アリゾナ州tocana4月23日(日)7時30分
3 成功率が断然アップ!「ながら習慣ダイエット」All About4月22日(土)21時40分
4 喫煙で痩せる…は大嘘!? タバコにまつわる「とんでもニュース」を検証Menjoy![メンジョイ]4月23日(日)12時15分
5 LINEじゃなかった…!「彼の浮気が発覚した」衝撃の実話3選Menjoy![メンジョイ]4月23日(日)10時20分
6 【衝撃動画】深海でガチで「エイリアンにしか見えない生命体」が発見される! 巨大な頭部、釣りあがった目…謎すぎる姿tocana4月22日(土)7時30分
7 嘔吐や耳鳴り 医師の決めつけで重病が放置された誤診の例NEWSポストセブン4月23日(日)7時0分
8 核燃工場廃止に8千億円 原発廃炉の10倍、国民負担共同通信 47NEWS4月23日(日)2時0分
9 出会い系サイトから「500万円当選」メール、お金くれないから訴えたら100万円ゲット!週刊女性PRIME4月9日(日)21時0分
10 おわかりいただけただろうか?黒いフードを被った修道士の霊が窓際を通り過ぎる様を(イギリス)カラパイア4月18日(火)22時30分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア