BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト

「女の子らしくない」を理由に、男児向け玩具を買わないすべての親に知って欲しいアイドル“アンジュルム相川茉穂”

messy2月17日(金)18時0分
画像: 相川茉穂です。|アンジュルム メンバー オフィシャルブログ Powered by Ameba より
写真を拡大
相川茉穂です。|アンジュルム メンバー オフィシャルブログ Powered by Ameba より

娘「仮面ライダーゴーストのベルト買って」
母「○○は女の子だから買いません! ゴーストのベルトはダメよ、男の子のやつやもん」
娘「男の子になるから!」

 2017年1月29日に放送された『フルタチさん』(フジテレビ)。番組内の「子供の屁理屈」を取り上げるコーナーで放送された投稿動画が1月末にウェブ上で話題になった。

 「男の子用おもちゃが欲しい女の子の屁理屈」として紹介されたこの動画。登場するのは、仮面ライダーゴーストの変身ベルトのおもちゃがほしい女の子だ。「買って」とねだって泣く女の子に、母親が「変身ベルトは男の子のおもちゃ」「女の子だからダメ」という理由を返す。そのやりとりを見て番組出演者が笑う。SNSでは「これって大人の屁理屈でしょ?」「何を欲しいと思うかに性別は関係ない」「笑いものにする大人の感覚がおかしい」と、女の子に理解を示したり母親や出演者を非難したりする声が目立った。

女児向けおもちゃを与えたら優しくなるわけじゃない

 「男の子になるから!」と宣言した動画の女の子は、どうやって男の子になるのかを母親に聞かれこう答えた。

「ちんちん作って、ちんちんをここ(股間)につけて、そこからおしっこをシャーってして」
「ハゲにしたい! ハゲにしてちんちんある方が良かった」

 女性として生まれた子が「男の子に生まれた方が良かった」と言う。アイデンティティの一部にもなる自分の身体の性を、なぜこんなに幼くして否定しないといけないのかと思うと悲しくなった。実際は、そこまで深刻な話ではないのかもしれない。「女の子らしさ」を押しつけているわけではなく、母親にとっても高価なおもちゃを諦めさせるための屁理屈だったのかもしれない。しかし、それでも大人たちが必死な女の子を笑う姿はグロテスクに感じる。

 動画を見て、特撮が好きな気持ちを否定されて育った女性を描く漫画を思い出した。「週刊スピリッツ」(小学館)で連載中の『トクサツガガガ』(丹羽庭)だ。主人公の仲村叶は26歳のOL。こども向けの特撮ヒーローが好きだが、周囲には隠している。幼い頃から母親に「女の子でしょ」「みっともない」と特撮が好きな気持ちを否定されてきたことや、大切な特撮の雑誌を燃やされたことなどに、26歳になってもとらわれているためだ。

 叶の母親は「自分ができなかったことを娘に押し付ける」タイプ。可愛い服を着たり女の子向けのおもちゃで遊んだりすることが叶の幸せだと信じている。母親の押しに負けて、叶も一時期は「まとも」な女の子らしい振る舞いをして特撮のことは忘れていた。

 女の子らしく育ってほしいという母親の願い。「女の子らしい」とは、つまりどういうことだろうか。日本青少年研究所の調査(2004年)では、女性らしいイメージがある言葉について「やさしい」「かわいい」「おとなしい」などが高い割合となっていた。このほか、俗に親がこどもに望む女の子らしさには「感情表現が豊か」「細やかな気遣いができる」などがあるようだ。では、母親の言うことを聞いた叶が女性らしい性格に育ったかというと、そうでもない。1話に、女子トイレにいる叶が他の女性社員の話を盗み聞ぎしてしまう場面がある。

女性社員A「みうっちの彼氏、アニヲタだったらしーよ。」「なんかね〜 言うの恥ずかしかったんだって!」
女性社員B「好きなら堂々としてればいいのに。自分でも恥ずかしいモノだって思ってるから隠すんでしょー。」

叶(言っていいなら言うよ!! 君のウチにDVD持ってって毎晩 上映会するよ!!)
(『トクサツガガガ』1巻 丹羽庭 小学館 P17-18より)

 どうしてそうなるのか。「好きなものを好きと言っていい」と「相手が見たいかわからないものを無理に見せていい」は全然違う。恋人が特撮好きを受け入れてくれることと、恋人も特撮好きになってくれることは違うのに、自分の「隠したい」気持ちを優先したせいで叶は相手の気持ちを考えられない人になっている。

 また、第2話でもカラオケを楽しむ人を「一般の人」と呼び自分と切り離して考えているし、第6話では仲良くしたくて話しかけてきた男性に平気で嘘を吐く。「一般の人」には、自分のように悩んだり傷ついたりする感情があると気付いていないように描かれているのだ。

 何かを好きになるという自然発生的な感情を抑圧されることで、自分を守るために「隠さなければいけない」という義務感ばかりに意識が向く。そのため、他人の気持ちを考えることができなくなってしまう。女性らしさを押しつけたばかりに「女性らしさ」が失われるというのは、本末転倒だ。

特撮好きな女の子は「男の子らしい」わけじゃない

 特撮が好きだと本当に女の子らしく育たないのだろうか。

 幼い頃から特撮ヒーロー「ウルトラマン」シリーズに出てくる怪獣が大好きでありながら、女の子が憧れる職業・アイドルになった少女がいる。ハロー!プロジェクト所属の「アンジュルム」メンバー・相川茉穂だ。ブログやラジオなどでウルトラ怪獣好きを公言していたことが認められ、ムック『「怪獣酒場」大図鑑』(TJMOOK)への対談掲載や雑誌『宇宙船』(ホビージャパンMOOK)での連載という仕事にも繋がっている、本格的な怪獣好きだ。

 怪獣好きの相川の印象について「男の子っぽい」と答えるファンはほとんどいないだろう。お母さんが作るご飯や飼っている猫が大好きで、季節の行事や食べ物を大切にする。日常を切り取る写真のセンスも良い、繊細で優しい女の子だ。グループの先輩の中西香菜、後輩の上國料萌衣とともに出演したラジオでは、先輩後輩思いの一面も聞くことができた。

相川「加入した後に中西香菜さんがいてくれて本当に良かったなって思うんですけど」「レッスン終わったのに、鏡の前ですごく丁寧に教えてくれて」「それがあったおかげで今自信を持って踊れる」
上國料「相川さんも、私が加入してすぐ手伝ってくれましたよね」
相川「してないしてない(笑)」
上國料「記憶に残ってますよー!」
相川「でも、そういうのも、中西さんが教えてくれたことをかみこちゃん(上國料)にも教えてあげることができたから」
(ラジオ「アンジュルムステーション1422」第195回 2016年10月19日放送より)

 困っている自分に先輩が優しくしてくれたことを今度は後輩にしてあげようという優しさ。学校のクラスや部活、職場などで発揮されても心温まるであろうこの思いやりは男性女性関係ない。「女の子らしく育ってほしい」と願う親が忌避するものでもないだろう。相川のこの優しさは怪獣にも向けられている。

「作品について何も知らなかった頃は、単純に『ウルトラマンが正義で、怪獣が悪いことをするから倒される』というイメージだったんです。でも、実際に観るとちゃんと理由があって、人間が何か悪いことをするから怪獣たちがビックリしたり怒って地球へやって来るのが分かったんです。」
(@DIMEコラム「怪獣好きアイドル・相川茉穂がウルトラ怪獣たちから学んだ教訓とは?」より)

 例えば、元は地球人だった怪獣の境遇を切なく思う感受性や、怪獣のフィギュアを置くふさわしい場所を探してあげる気遣い。「男の子らしい」「女の子らしい」は関係なく、ただただ思いやりがある優しい子に育ったということがわかる。

 『トクサツガガガ』の叶も、いつまでも思いやりのない女性でいるわけではない。同じ特撮ファンの吉田さんや女児アニメ好きの任侠さん、アイドルオタクの北代さんなど、仲間が増えて自分の好きなものについて話せる場が増えていく。自分を偽らず仲間と積極的に交流するようになるにつれて、他人を傷つけたことに気づけるようになったり、自然と人のために動くことができるようになったりする。成長していく叶の考え方のベースにあるのは、やはり特撮ヒーロー番組の「優しい大人になりなさい」というメッセージだ。

 「男の子/女の子らしい」という言葉はつい簡単に口にしてしまうが、その中身について掘り下げて考えて言うことは少ないかもしれない。「女の子らしく」と言っても、隠れている本当の願いは「優しい子に」「人を思いやれる子に」「健康で明るい子に」育ってほしいという中身だったりする。

 仮面ライダーの原作者・石ノ森章太郎のファンを父に持つ私は、こどもの頃から仮面ライダーや戦隊ヒーローを見て育った。大人になった今でもヒーローが大好きだ。どんな大人に育ってほしかったか父に聞いたときには「明るくて人に優しく、どんなことでも自分でできる子になってほしい」と言われた。「女の子らしく」と言われるよりもずっとわかりやすく、父の思いが伝わる。半分くらいは叶えてあげられているといいなと思う。

 仮面ライダーの変身ベルトを買ってもらえない女の子の動画を見て学べることがあるとしたら、それは言葉を雑に使っていないかという自戒だ。「高価だから買えません」「買ってあげたくありません」という本当の気持ちを「男の子のおもちゃだからダメ」と言っていないか。「優しくて愛情深い子になってほしい」という願いを「女の子らしく育って」と言い換えていないか。最近の仮面ライダーはわかりにくいストーリーのものもあるが、人を愛して守るという明快なメッセージは変わらない。戦隊ヒーローの、人に優しく仲間を大切にというメッセージも同じだ。大人になった今だからこそ、特撮ヒーローを見習って自分の気持ちをはっきりと伝えていきたい。
(むらたえりか)

Copyright © CYZO Inc. All Right Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

トレンドトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「「女の子らしくない」を理由に、男児向け玩具を買わないすべての親に知って欲しいアイドル“アンジュルム相川茉穂”」の関連ニュース

注目ニュース
爆売れ「KOIKEYA PRIDE POTATO」1種集中生産へ ナリナリドットコム2月20日(月)21時51分
湖池屋は2月20日、2月6日に発売した「KOIKEYAPRIDEPOTATO」のラインアップのうち、「KOIKEYAPRIDEPOTATO…[ 記事全文 ]
【乃木坂46】2人ともクビ確定? 不人気なうえ、文春スキャンダルで多大な損害が影響か? tocana2月20日(月)9時0分
妹的存在の欅坂46と共に紅白歌合戦への出場を果たし、上り調子の乃木坂46。すでに人気ではAKB48を抜いたとまで言われる乃木坂に黄色信号が…[ 記事全文 ]
「俺たちが今の日本を作ったんだぞ!」 老害芸能人ランキングの9位に入った梅沢富美男さんが炎上中 ガジェット通信2月20日(月)7時30分
2月16日放送のTOKYOMX「バラいろダンディ」に出演した、梅沢富美男さんが現在炎上しているようである。[ 記事全文 ]
日本の表示は短すぎ? 卵、納豆の「リアル賞味期限」一覧 女性自身2月20日(月)12時0分
「日本では、ほとんどの賞味期限が実際の期限より2割以上短く設定されています。そのため、まだ十分食べられるにもかかわらず、たくさんの食品が捨…[ 記事全文 ]
菅直人元総理が「金正恩氏殺害など嫌なニュースが続く」とツイートし批判殺到 ガジェット通信2月20日(月)14時56分
2月20日、元総理大臣の民進党・菅直人衆議院議員(@NaotoKan)が『Twitter』にて金正恩氏殺害など嫌なニュースが続く。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 【乃木坂46】2人ともクビ確定? 不人気なうえ、文春スキャンダルで多大な損害が影響か?tocana2月20日(月)9時0分
2 「俺たちが今の日本を作ったんだぞ!」 老害芸能人ランキングの9位に入った梅沢富美男さんが炎上中ガジェット通信2月20日(月)7時30分
3 清水富美加さんの「給料5万円」に対し和田アキ子さん「私は3万円だった。どんなに辛かったか」発言が物議ガジェット通信2月20日(月)4時55分
4 ゴハンちょーだいニャ 隣に立って猛アピールする猫が可愛いと話題にBIGLOBEニュース編集部2月17日(金)16時34分
5 菅直人元総理が「金正恩氏殺害など嫌なニュースが続く」とツイートし批判殺到ガジェット通信2月20日(月)14時56分
6 【清水富美加】トラブル続きの“悪評”レプロの実態! 新垣結衣やこずえ鈴、社員までも…tocana2月19日(日)9時0分
7 爆売れ「KOIKEYA PRIDE POTATO」1種集中生産へナリナリドットコム2月20日(月)21時51分
8 「20代女性に梅毒増加中」の警告、どこで・どの程度・感染が広まっているのか?messy2月18日(土)22時0分
9 マツダスタジアム前にカープファン気の早い(?)行列...その理由はJタウンネット2月19日(日)7時48分
10 日本の表示は短すぎ? 卵、納豆の「リアル賞味期限」一覧女性自身2月20日(月)12時0分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア