BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

がん治療中もキレイを諦めない! 女性がん患者を支えるアピアランスケアとは (1) 日本人女性の罹患率第1位・乳がん治療の今

マイナビニュース2月17日(金)12時0分
画像:がん治療中もキレイを諦めない! 女性がん患者を支えるアピアランスケアとは (1) 日本人女性の罹患率第1位・乳がん治療の今
写真を拡大
メディカルメイクアップアソシエーションはこのほど、メディアセミナー「患者さんの外見の悩みに寄り添う『アピアランスケア』」を開催。同セミナーでは、乳がん患者へのアピアランス(見た目)ケアに取り組む、湘南記念病院 乳がんセンター センター長の土井卓子医師が講演を行った。

○日本人女性の11人に1人がなる「乳がん」

国立がん研究センターの統計(2012年)によると、日本人女性が生涯で乳がんに罹患(りかん)する確率は、12人に1人から11人に1人へと引き上げられた。

日本人女性の罹患率第1位の乳がんだが、死亡率は第5位(罹患率は2012年、死亡率は2014年同統計より)。土井医師は、「乳がんは日本人女性が最もかかりやすいがんですが、検診で見つけやすく、早期発見ができれば根治できるがんとされています」と語る。

○手術では無駄な傷をつけない

乳がんの局所療法では、手術療法や放射線療法が行われる。数十年前と比べて治療薬が増えた今、手術でも女性の体へ細心の配慮が払われているという。

「最近の手術では、リンパ節への転移がなければ、わき下の傷は最小限にとどめますし、乳がんを摘出するときも、乳輪の外縁や乳房の下縁に沿って切るので、傷が目立ちません。今の時代は、無駄な傷をつけない、無駄な変形をさせない手術が行われています」。

2013年にインプラントによる乳房再建術が保険適用になってからは、乳房を無理に温存せず、全摘した後で胸の膨らみを再建する女性も増えてきた。

「乳房再建術では、外科医だけでなく患者さんの努力も必要です。まず、手術後に行う放射線療法の影響で、肌が黒ずんだり乾燥したりしてしまうので、保湿ケアは欠かせません」と土井医師。このほか、禁煙、清潔のための入浴(保清)、乳房を揺らさないこと、圧迫固定、感染兆候(発赤、腫脹、疼痛など)があったらすぐに病院へ連絡するなど、日常の注意事項を守って初めて美しいバストが実現するという。

○全身療法で命を守る

しかし局所療法は、「病巣をコントロールするための治療」という位置づけだ。乳がんは他部位のがんとは違い、乳房(病巣)が直接命に関わることはないが、肺・肝臓・骨・脳などへ遠隔転移すると、初めて生命への危険性が出現する。したがって転移を防ぐためには、化学療法、ホルモン療法、分子標的治療薬を用いた療法といった全身療法が行われることになる。

全身療法の計画は、進行度とがんの性格(サブタイプ)で決定する。腫瘍が大きい、リンパ節転移が多い、増殖スピードが速い場合などは、抗がん剤による化学療法を行う。また、がんがホルモンで成長するタイプならホルモン剤を投与し(ホルモン療法)、HER2という増殖因子を持っているタイプならそれを抑える薬(分子標的治療薬)を使用する。

ホルモン受容体(ER)もHER2の受容体も持たないタイプを「トリプルネガティブ」と言い、増殖スピードが速いため、たとえ早期乳がんでも、化学療法が行われることが多いという。

2013年には、ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが乳がんを発症していない両乳房を予防のために切除し、後に乳房再建をしたことで話題となった。

「彼女の場合は、遺伝子検査でBRCA1(がん抑制遺伝子)に変異が見つかり、もし乳がんを発症したらトリプルネガティブの可能性が高いことを知っていたので、予防のために乳房を切除するという選択をしたのでしょう」と土井医師は解説する。

はてなブックマークに保存

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

関連ワード

「がん治療中もキレイを諦めない! 女性がん患者を支えるアピアランスケアとは (1) 日本人女性の罹患率第1位・乳がん治療の今」の関連ニュース

乳がんに関するまとめ
注目ニュース
4・5・6月の残業代で社会保険料が上がる!? All About3月23日(木)12時5分
厚生年金と健康保険の保険料はどうやって決まる?給与から引かれるものは、主に「税金」と「社会保険」です。[ 記事全文 ]
「童貞を殺すセーター」がついに日本上陸! ヴィレヴァンオンラインストアで販売開始 BIGLOBEニュース編集部3月23日(木)14時9分
ユニークなグッズでお馴染みのヴィレッジヴァンガードは23日、「童貞を殺すセーター(例のセーター)」をオンラインストアで発売した。[ 記事全文 ]
ネタバレ注意!「ラ・ラ・ランド」の感想でわかる彼の恋愛観3パターン Menjoy![メンジョイ]3月22日(水)22時0分
今年のアカデミー賞6部門に輝いた映画『ラ・ラ・ランド』。大人の恋愛映画でもあるこの作品「ラストに感動した」という意見が多く見られますが、実…[ 記事全文 ]
「自殺しそうな人」の8つのサイン All About3月22日(水)23時15分
自殺したくなるのは、なぜ?ストレス社会の現代では、悩みをうまく解消する方法を見つけられないことも多く、生きる自信がなくなることも少なくあり…[ 記事全文 ]
配偶者も親も子どもいない…独り身の遺産はどこへ行く? シェアしたくなる法律相談所3月11日(土)21時30分
*画像はイメージです:https://pixta.jp/■相続財産法人とは?相続財産法人とは、被相続人に代わって財産を管理する法人です。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア