保育園落ちた「不承諾通知」1万円分で買取り、保活ママを救済

2月17日(金)16時15分 リセマム

キッズライン 保活ママ救済「不承諾通知買取りキャンペーン」

写真を拡大

オンラインベビーシッターマッチングサービスを提供するキッズラインは、保育園に落ちた人に届く「不承諾通知」をキッズラインポイント1万円分で買い取る「保活ママ救済キャンペーン」を実施する。2月17日〜3月11日の期間、Webサイトにて応募を受け付ける。

 2月後半は各自治体から認可保育園の新年度入園可否通知が届く時期。2017年も保育園に落ちたママが育休延長や退職、休学、内定辞退などに追い込まれている状況を受け、キッズラインでは小さい子どもを持つ働くママたちに広がる暗い雰囲気を払拭すべく、自治体から届いた「不承諾通知」を買い取るキャンペーンを実施する。

 対象となるのは、認可保育園の入園申込みをした結果「不承諾通知」を受け取り、保育園に入園できなかったママ。TwitterやFacebookなどでキッズラインのキャンペーン記事を拡散したのち、「不承諾通知」のアップロード画像を添えてWebサイトから応募すると、応募者全員にベビーシッターマッチングサービス「キッズライン」の初回利用ポイント1万円分がプレゼントされる。1万円分で1回2〜3時間、3回分のベビーシッターが利用できる。

 キッズラインは、待機児童問題を子どもが小さい時期の一時的な問題と捉えず、待機児童をベビーシッターで解消する提言を行うなど、社会に向けて発信を続けている。「不承諾通知」が届き、保活を諦める、またはまだまだ続くといった絶望感を一度リセットし、前を向いて欲しいとの想いから、キャンペーンを実施するという。

◆保活ママ救済「不承諾通知買取りキャンペーン」
対象:認可保育園の入園申込みをした結果「不承諾通知」を受け取り、保育園に入園できなかった人
プレゼント:ベビーシッターマッチングサービス「キッズライン」の初回利用ポイント1万円分を応募者全員にプレゼント
応募期間:2017年2月17日(金)〜2017年3月11日(土)
応募方法:キッズラインキャンペーンをTwitterでつぶやくかほかのSNSで拡散後、「不承諾通知」のアップロード画像を添えてWebサイトから申し込む
※詳しくはWebサイトにて確認できる

リセマム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

保育園をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ