清水富美加事件で“呪いの作品”認定! 出演者が次々と不幸になる「仮面ライダーフォーゼの呪い」とは?

2月17日(金)9時0分 tocana

『SHIMIZU FUMIKA 1st Photobook 清水富美加』(マガジンハウス)

写真を拡大

「幸福の科学」への出家騒動をめぐり、注目を集めている女優・清水富美加。各メディアは清水の経歴をおさらいしつつ報じているが、そんな中で彼女の“出世作”として取り上げられているのが、2011〜12年にヒロイン役で出演した『仮面ライダーフォーゼ』(テレビ朝日系)である。しかし今、ネット上では清水以外の同作出演者にもトラブルやスキャンダルが多発していることから、「呪いの作品」などとささやかれているという。

『フォーゼ』は人気俳優・福士蒼汰の初主演作として知られているが、仮面ライダーシリーズ生誕40周年の作品でもある。そんな記念作が、なぜ「呪われている」とウワサになっているのか。

「かつて、清涼飲料水『桃の天然水』のCM出演者が次々と不幸に見舞われたことで、『呪いのCM』と言われていたことがありました。1998年から出演していた歌手の華原朋美は、交際していた音楽プロデューサー・小室哲哉との破局や緊急入院が報じられ、休業。また、99年にCM出演して当時“歌姫”として人気絶頂だった浜崎あゆみは、突発性難聴で聴力を失い、2000年出演のタレント・吉井怜も急性骨髄性白血病を発症して入院するなど、不穏なニュースが続いたんです。実は、これと似たような現象が『フォーゼ』出演者にも起きていて、昨年から突如不幸が相次いでいます」(芸能ライター)

 まず、『フォーゼ』で福士や清水の仲間としてレギュラー出演していた元D-BOYS・高橋龍輝は、16年6月に同グループ及び芸能界から引退。理由は「病気療養のため」とのことだったが、詳しい病名は明かされなかった。

「高橋は根強い人気を誇る『ミュージカル テニスの王子様』で5代目主人公・越前リョーマに抜擢された経験もあり、ファンも多かった。そのため、急な引退を嘆く声が続出しました」(同)

 また、そんな高橋は『フォーゼ』第1話で女子高生からラブレターを貰うシーンがあったのだが……。

「その女子高生役を演じたのが、16年5月にファンから襲撃されたシンガーソングライター・冨田真由です。冨田はこのシーンに登場しただけでしたが、事件によって大怪我を負い、現在も芸能界に復帰していません」(同)

 さらに、昨年不倫騒動で世間を騒がせたゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音の“新恋人”として注目を集めたタレント・ほのかりんも『フォーゼ』の出演者であり、川谷との交際と同時に未成年飲酒疑惑が浮上し、同12月に事務所の契約を解除された。

「ほのかは最終回を含む5話に出演しており、劇場版にも参加していました。その後も少しずつドラマや映画の仕事を頑張っていたのですが、飲酒疑惑を起こしたことで、出演予定だった舞台を降板しています。ほのかの場合は自業自得ではあるものの、ネット上では『フォーゼ』の呪いの信憑性が増してしまいました」(同)

 そして、今年は清水の出家・引退騒動……。脇役から主要キャストに至るまで、続々と不幸が起きてしまっている中、福士にスキャンダルが出ないことを祈りたい。


※画像は、『SHIMIZU FUMIKA 1st Photobook 清水富美加』(マガジンハウス)

tocana

この記事が気に入ったらいいね!しよう

呪いをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ