こんなにまんまるになるんだね!さっぽろ雪まつりで遭遇した防寒対策中のハトの群れが話題に

2月18日(火)19時0分 FUNDO


気が付けば2月ということで、寒い日々が続いていますよね…。特に朝晩は冷え込むため、皆さんも何かしらの防寒対策をされているかと思います。
そんな中で今回Twitterで話題となっているのは、『さっぽろ雪まつり』で遭遇したという防寒対策中のハトの群れ。まんまるになったハトのよちよち歩く様子が反響を呼んでいます。

こんなにまんまるになるんだね!

投稿されたのは、Twitterユーザーの狐仙人乃弟子トコノ オルタ(@ttt_zegu952)さん。こちらがまんまるなフォルムで歩くハトの群れです。

>

さっぽろ雪祭り行ったら是非はとみてほしい…
まんまるなんや… pic.twitter.com/JSH5gACIVV

— 狐仙人乃弟子 トコノ オルタ (@ttt_zegu952) February 15, 2020




ハトの群れが歩いていたのは、『さっぽろ雪まつり』の会場。首をすぼめて寒そうに歩いている姿がなんだか可愛らしいですよね。普段のハトを想像して比べてみると、随分まるくなっていることは一目瞭然です。
人間と同じように、ハトもこうして防寒対策をしているわけですね!

鳩団子・・寒そうだなぁ

この投稿に対しては、「鳩団子・・寒そうだなぁ」といった声や「羽根を膨らませて保温してるんやで」と、こうなっている理由を解説する声などが寄せられていました。

・鳩ってこんなまんまるになるんだ。

・鳩団子・・寒そうだなぁ。自然の厳しさを間近で見ることができる。

・肥ってるのではなく 羽根を膨らませて保温してるんやで。

・寒いから皮下脂肪を溜め込んでいるのかな? 首元が見えない。


羽に空気をためこんで防寒対策!

ハトは人間のようにコートやダウンジャケットを着て寒さをしのぐというわけにはいきません。そこで、羽の中に空気をため込むことによって、天然のコートを羽織っているようにして寒さをしのいでいます。
羽に空気をためこむと体温を逃げにくくなり、外部からの冷たい空気が伝わってくるのも防ぐことができるといいます。
寒さに備えて脂肪は蓄えているとは思いますが、まんまるな見た目ほど肥えているわけではないということですね!寒い日、街中でもまんまるなハトを見る機会があるかもしれませんね!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@ttt_zegu952)

FUNDO

「まんま」をもっと詳しく

「まんま」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ