スズキ ジムニーの5ドア仕様には3列シートが設定される?

2月18日(木)16時58分 MOBY

提供元: MOBY


ジムニーロングに続報が!

5ドアジムニーの予想CG

今年1月の記事でも報じたジムニーの5ドア仕様「ジムニーロング」のニュースに続報です。

海外の自動車メディア「AUTOCAR India」は、スズキはインド市場にむけた5ドア仕様のジムニーを、まもなく生産開始するだろうと伝えました。

トヨタのジムニー潰し?ダイハツ ラガーが2021年末に復活発売か

ジムニー5ドアは、インドにあるスズキのグループ企業「マルチ・スズキ・インディア(通称:マルチスズキ)」によって生産され、当面はインド国内でのみ販売するとのことです。

5ドアのスズキ ジムニー”ロング”が’21年発表?インドで生産中との噂

5ドアジムニーには3列シート仕様が設定?

出典:wisnu3ds.wordpress.com
出典:wisnu3ds.wordpress.com

仮に5ドアのジムニーロングが発売された場合、2列仕様に加え、3列仕様も設定される可能性も考えられます。上記の画像2枚は海外の「WISNU3DS」というメディアが公開した、3列仕様ジムニーロングの予想CGです。

現在、スズキの3列シート採用車といえば、日産セレナからのOEM車であるミニバン「ランディ」のみ。

【日産新型セレナvsスズキ新型ランディ】OEMで違いは?装備まで徹底比較

海外では3列シートのSUVも展開されている

スズキ XL7
スズキ XL7

しかし、海外市場では「XL6」や「XL7」といった、3列シート7人乗りのクロスオーバーSUVを販売しています。トヨタの人気SUV「ランドクルーザー」も3列仕様をラインナップしていることからも、3列シートのSUVというのは一定の需要があると考えられます。

とはいえ、日本の軽自動車規格では最大乗車人数は4人。3列シートが採用される場合、日本だと登録車のジムニーシエラになるでしょう。

5ドアのスズキ ジムニー”ロング”が’21年発表?インドで生産中との噂

インドでのジムニー生産が発表

2021年1月20日にマルチスズキが公開した写真
2021年1月20日にマルチスズキが公開した写真

2021年1月20日にスズキは、ジムニーの生産をインドで開始することを発表しました。生産を担当するのはインドの子会社「マルチスズキ」。インドでのジムニーは日本でのジムニーシエラ(普通車)に相当します。

インドが人件費が安いことも有り、トヨタ生産方式と組み合わせることでコストダウンを図るとともに、世界中でジムニーを販売していく上での生産拠点としていくとのことです。

これにより、日本でも納車遅延が解消されることも期待できるのではないでしょうか。


ジムニー5ドアの噂が浮上

マルチスズキがスズキ ジムニーの5ドアモデル「ジムニーロング」を2020年6月から開発しており、2021年内に発表されるとの噂が浮上しました。

当時の報道では、従来の3ドアジムニーと比べて全長が拡大され、伝統のラダーフレーム構造やリジットアクスルなどは引き続き採用される見込みとのことでした。

5ドアのスズキ ジムニー”ロング”が’21年発表?インドで生産中との噂

トヨタがジムニーの対抗馬を用意?

ダイハツ ラガー
ダイハツ ラガー

世界中で高く評価されているジムニーに対抗すべく、トヨタがダイハツブランドからオフロードベースのコンパクトSUV「ラガー」を発売するのではないかと言われています。

基本的な構造はロッキーと同じで、DNGAプラットフォームやダイナミックトルクコントロール4WDを採用すると見ています。

トヨタのジムニー潰し?ダイハツ ラガーが2021年末に復活発売か

MOBY

「ジムニー」をもっと詳しく

「ジムニー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ