佐藤健“天堂”の床ドン&キスに「美しい」の声殺到…「恋はつづくよどこまでも」6話

2月18日(火)23時30分 シネマカフェ

「恋はつづくよどこまでも」第6話 (C) TBS

写真を拡大

上白石萌音が“勇者”な新米ナース、佐藤健が超ドS“魔王”ドクターを演じる「恋はつづくよどこまでも」の6話が2月18日オンエア。同じ部屋に泊まることになった七瀬と天堂…天堂の床ドン&キスに視聴者から「キスシーンが美しい」などの声が上がっている。

修学旅行中に出会った医師・天堂浬に恋をし、5年かけて看護師となって天堂の病院で勤務することになる佐倉七瀬に上白石さん。過去の出来事がきっかけで“魔王”と恐れられるようになった天堂に佐藤さん。天堂の同僚で七瀬に想いを寄せる医師・来生晃一に毎熊克哉。

そのほか天堂の姉・流子役で香里奈、循環器内科医師部長・小石川六郎役で山本耕史、七瀬の同僚新人ナースに渡邊圭祐、吉川愛、堀田真由といったキャスト。天堂の亡くなった恋人・若林みのりにそっくりな姉妹・みおり役で蓮佛美沙子も出演する。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
ナースステーションで天堂が七瀬のことを「俺の彼女だから」と公言。喜びに沸く七瀬の前に天堂の亡くなった恋人、若林みのり(蓮佛美沙子)に瓜二つのみおりが現れる。そんななか、天堂と七瀬が食事に行く予定だった休暇の日に、急遽大阪でのセミナーの登壇依頼が来てしまう。


さらにセミナーにみおりが参加すると聞き、2人の動向が気になる七瀬は天堂を追い大阪に行く。すぐに尾行がばれ一緒に行動する七瀬と天堂は、天堂の姉・流子(香里奈)の策略で同じ部屋に泊まることに…というのが今回のおはなし。


ベッドでつまづいた七瀬が思わず天堂をつかんでそのまま倒れ、ベッドの上で抱き合ってしまう2人。「ベッドに佐藤健が覆いかぶさってくるとこニヤニヤしちゃう」「天堂先生にベッドへ押し倒されてたよ、キュン死に確定」「佐藤健の床ドンありがとうございます」などの声が上がる。

さらに先に眠った七瀬に天堂がそっと優しくキスするシーンには「キスシーンが美しい俳優1位」「キスの仕方が優しくて毎度最高」「キスシーンの猛者すぎる」といった感想が殺到。

一方、ラストでは来生も七瀬に「好きだよ」と告白。こちらにも「来生せんせーストレートだな」「来生担のみんな生きてるかな?」などの声が上がっている。

シネマカフェ

「キス」をもっと詳しく

「キス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ