余計なストレスとさよなら!彼氏の束縛から抜け出すための4大対処法!

2月19日(火)7時30分 yummy!

束縛の強い恋人って、めんどくさいですよね。
こういう恋愛は、相手に一方的に我慢を強いるだけで、誰がやっても長続きしにくいものです。
男女の垣根なく、束縛の激しい人は異性から結局のところは嫌われてしまいます。
もしかすると今現在、束縛の強い彼氏に頭を悩ませている方も、このコラムをご覧になっているかもしれません。
そこで今回は、彼氏の束縛から脱出するための対処法を、いくつか紹介していきましょう。

束縛が負担になっていることを伝える


彼氏の束縛をどうにか緩和させたいなら、穏便に伝えるだけでは無理です。
下手に出たところで「やましいことがあるのか」みたいな返答が戻ってくるだけなのがめんどくさいんですよね。
ですのでここは一つ「いちいち束縛して、どういうつもりなの? 恋人同士なら四六時中動静を伝えないといけないルールでもあるの?」と軽くキレましょう。
その上でさらに相手が束縛を強いるのであれば、まともな恋愛は無理と思っているということを、態度で示すのもアリです。

無視をする


束縛魔の彼氏ってめんどくさいですよね。
そういう相手にいちいち相手をしていると、自分の貴重な時間はどんどん奪われてしまいます。
こんな馬鹿らしいことってありません。
いっそのこと、対処法としてめんどくさいことを言い出したら、無視をするのも手でしょう。
相手に束縛というか、ほとんど依存レベルで食い下がってくるような人には、冷静になってもらうためにも無視は有効です。
LINEなんかでも既読スルーをあえてやる。そうして相手に反省を促す。このサイクルを何度か繰り返していくうちに、改心する男性もたまにいます。たまに。

何のつもりで束縛しているのか質問する


根本的に、束縛彼氏に嫌気が差してきたら、「一体どういうつもりで束縛してんの? 嫌われたいの?」と質問するのも良い手段です。
特に「嫌われたいの?」という言葉は、相手に「そんなつもりじゃなかったけど」という言葉を引き出させる効果もあり、猛省を促す効果も期待できます。
大体につけ、束縛するには理由があるものでしょうし、その理由は、あなた自身には全く関係ないことばかり(例えば元カノが浮気をした、みたいな)。
そんな無関係な理由で振り回されてはたまりません。
理由を質問し、「それって私に関係ないじゃん」とでも言ってやれば、相手も目を覚ますかもしれませんね。

別れを切り出す


それから「そんなにめんどくさい束縛しかできないなら、別れるよ」と言い渡すのも効果的な場合があります。
あんまりオススメできるような手段ではないんですけど、別れないと分からない馬鹿な男性もいるにはいますからね。
束縛って、自分の都合で相手に押し付けるものですし、大体につけ束縛魔って、自分が同じことをされると露骨に機嫌を悪くします。
そういった、自分本位が過ぎる相手になんて、貴重な時間を割いて付き合うのはムダです。
「もう別れる」と切り出して、相手の束縛の態度を根本から見直させる猶予を与えるのもいいでしょう。

おわりに


そもそも束縛をする恋人は、相手を信用していないからそんなことをやってしまうのです。
疑っているのです。
そして世の中を見渡すと分かるように、他人を疑う人というのは、大体自分がやましい部分を持ち合わせている場合は多いものですよね。
束縛する彼氏というのは、自分にやましい部分があるから、相手もそうではないか? と曲解していることは珍しくありません。
そう考えれば、そもそも束縛をしてくる恋人に対して、前向きに弁解したって意味がないということは言えるでしょう。
(松本ミゾレ/ライター)

yummy!

「束縛」をもっと詳しく

「束縛」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ