お行儀いいよ、座ってもぐもぐ。スエトシ牧場のミニチュアホースが相当かわいいくて評判と聞いて・・・

2月20日(月)0時30分 カラパイア

no title

 長野県佐久市にあるスエトシ牧場は、様々な種類の馬たちと触れ合える馬好きにはたまらないスポットだ。

 とくにミニチュアホースの飼育には力をいれており、かわいいミニチュアホースたちの姿はテレビなどで度々取り上げられて話題となっている。

 YOUTUBEチャンネルでは、ミニチュアホースたちの愛くるしさが炸裂してるったらありゃしない。

 まずはえだまめさんのお食事シーンを見てもらおうか。ベビーチェアーにちょこんと座って、大好物のニンジンをお行儀よく召し上がってらっしゃる。


017

 モフモフした人間の赤ちゃんって感じで愛くるキュートなのだ。

 スエトシ牧場のミニチュアホースはアメリカ原産のファラベラという品種だ。体高は大人になっても83cm以下と大型犬くらいの大きさだ。寿命は約25年。

 さてお次はこちらの映像。ツチロマックイーン、通称マックさん。スエトシ牧場は生まれてすぐに赤ちゃんのミニチュアホースを飼育員さんが抱っこする。あやしたり寝かせてあげたりと愛情たっぷりにスキンシップをすることで、人間との信頼関係が芽生え、とっても人懐っこい子に育つのだそうだ。

 マックさんもこの牧場で生まれてすぐ、飼育員さんに愛情たっぷりに育ててもらった結果、大きくなっても抱っこが大好き。


スエトシ牧場 ツチロマックイーン

 人懐こくてやさしくて、甘えん坊のミニチュアホース。さらにとっても賢くて、アメリカではセラピーアニマルや盲導馬としても活躍している。

 餌は1日2.3回。例としては乾草1k+ふすま500g+大麦200g位ほど。他におやつににんじん、りんご、野菜くずなどを与えてあげる。

 犬と同じように毎日お散歩させてあげれば広い庭がなくても充分飼う事ができるのだという。日本でもペットとして家族に迎え入れたいという人も増えてきたそうだ。犬と同じように人の気持ちに寄り添えるミニチュアホース。

 スエトシ牧場では、責任をもって飼える人にミニチュアホースの販売も行っているという。


スエトシ牧場 そらまめ、えだまめ、マック、黒豆

 犬とミニチュアホース、両方一緒に散歩する日課とかどんなに幸せだろう。で、家に戻ったら猫たちが、「よっ、おまえらようやく戻ってきたか。はよ餌」とかつれない素振りで実は心配してたりとかもう最高かよ!


スエトシ牧場 えだまめ散歩さんぽ

カラパイア

「ミニチュアホース」をもっと詳しく

トピックス

BIGLOBE
トップへ