婚約者が豹変……! 洗脳された女性の末路【前編】

2月20日(土)17時30分 yummy!

婚約や結婚は、通常、めでたいことだとされています。ですが、婚約した相手がとんでもない人物だと、とたんに単純におめでたい、とは言えなくなってきます。
ナオコさん(仮名)の友人、エレナさん(仮名)の婚約も、おめでたいとは言えない状況になっていった典型的な例です。
今回は、ナオコさんに、エレナさんの婚約の思わぬ展開を語っていただきました。

目次

友人のスピード婚。イケメンで優しそうな婚約者

私の友人、エレナは真面目で優しい子です。結婚願望もありましたが、理想が高いせいか、なかなか相手に恵まれませんでした。なにせ、イケメン、高収入、高身長、最低3ヶ国語は話せる、面白い、社交的、など、エリナの理想はとにかく高かったからです。
そんなエレナが婚約したと聞いて、すごく驚きました。なぜなら、一ヶ月前までは、彼氏がいるという話も聞いていなかったんです。
聞くと、婚活パーティーで出会って、その日のうちに付き合うことになり、二週間でプロポーズされたというのです。あまりに早い展開におどろき、最初はその人、大丈夫なの? といぶかしんだくらいでした。
エレナはそんな私の気持ちを察してか、すぐに婚約者に会わせてくれました。彼は、私に名刺を渡してくれました。名刺を見ると、大手商社の名前が書いてありました。爽やかなルックスで優しそうで、大手企業勤務で、同い年…文句のつけようのないように感じました。まさに、エレナの理想の人が現れたと思いました。
エレナはすごく幸せそうで、友人としてもとても嬉しかったです。しかし、幸せな日々は長くは続きませんでした。

化粧はNG? スカートもNG?

婚約してから、エレナのファッションは急激に地味になっていきました。
エレナは派手なネイルや、ミニスカートなど、女性らしい華やかなファッションを好んでいました。でも、彼と出会ってから、ミニスカートはやめにしたようでした。彼が、「ほかの人に見せたくないから、できればやめてほしい」と言ったそうです。
それくらいなら、ちょっと嫉妬深い人なんだな、愛されているな、と思えていたと思います。でもいつしか、エレナは化粧もしなくなりました。さらには、スカートもはかなくなり、ハイライトを入れたヘアスタイルもいつのまにか真っ黒になっていました。
聞くと、彼が嫌がるから、と。エレナの婚約者は、エレナが着飾ることを一切禁止しているようでした。エレナが何を着ようと、エレナの自由なはずです。でもいつしか、婚約者はエレナのファッション、ルックスを完全にコントロールするようになっていきました。
私はおしゃれだったエレナが自分をなくしていく様を不気味に感じて、「ちょっと彼、おかしくない?」と言いましたが、エレナは、「おおげさだよ。ちょっと心配性なだけだって」と言いました。

結婚後、友達と疎遠に……

私が婚約者について非難めいたことを口にするようになったからか、次第にエレナとは距離ができるようになってきました。
その間に、エレナの婚約者のコントロールがさらに加速していくことに……
後編に続く
後編は2月27日に公開予定! お楽しみに!
(今来今/ライター)

yummy!

「婚約」をもっと詳しく

「婚約」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ