TDLにチョコレートクランチの“特別な店舗”

2月21日(水)16時1分 ナリナリドットコム

東京ディズニーランドに4月15日から、1986年から販売し、東京ディズニーリゾートの代表的なお土産のひとつである「チョコレートクランチ」をテーマにした“特別な店舗”がオープンする。

東京ディズニーリゾートでは、史上最大の祭典「東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”」を4月15日から2019年3月25日までの345日間にわたり盛大に開催。その期間中における“特別な店舗”として、東京ディズニーランドのワールドバザールにある店舗「ペイストリーパレス」と「アイスクリームコーン」が「チョコレートクランチ」をテーマにしたお店に変身する。

2つの店舗では“ドナルドダックらダックファミリーが開催するチョコレートコンテスト”をコンセプトとした装飾が施され、それぞれオリジナルグッズやメニューを販売。

「ペイストリーパレス」では、ゲストが好きなデザインの缶・フタ・リボンを組み合わせたオリジナルの入れ物に、数種類のフレーバーのチョコレートクランチを自由に詰め合わせる新しい体験“チョコレートクランチ・ピック&マンチ”を提供する。“チョコレートクランチ・ピック&マンチ”では開催期間を5つの期に分け、選べる缶のデザインとフレーバーの一部を入れ替える予定だ。

チョコレートクランチのフレーバーは定番の「ミルク」「ホワイト」「ストロベリー」のほか、35周年期間中限定で東京ディズニーリゾート35周年をお祝いするスペシャルフレーバーとして「ストロベリーショートケーキ」がパーク初登場。また、7月7日までの第1期では、カラフルシュガーでヒューイ、デューイ、ルーイをイメージした「ヨーグルト」フレーバー、過去に販売をして好評だった「キャラメル」フレーバーの復刻が期間限定で登場する。

また、この店舗では「チョコレートクランチ」をモチーフにしたキーチェーンやマグネット、ペンなどのグッズやお菓子を販売するほか、“チョコレートクランチ・ピック&マンチ”の缶のデザインとフレーバーに連動した、ダックファミリーのぬいぐるみバッジを5 つの期に分けて販売していく。

もうひとつの店舗「アイスクリームコーン」では、ドナルドダックとデイジーダックをイメージしたチョコレートクランチを使用したアイスのデザートを2種類披露。ドナルドダックをイメージしたアイスは、丸いバニラアイスの上に、ドナルドの足形のクッキーが刺さっている。まるでアイス食べたさに、ドナルドが慌ててカップに入ってしまったようなビジュアルだ。そしてこのアイスの下にはチョコレートクランチが敷き詰められ、さらにはチョコレートクランチでできたバーも添えてあり、アイス好きにはもちろん、チョコレートクランチのファンにもたまらないコラボになっている。

もう一つは、デイジーダックをイメージしたソフトクリーム。ふんわり柔らかそうなソフトクリームの上に乗っている紫色のチョコは、デイジーのリボン形で、とてもかわいらしい印象だ。こちらも、ソフトクリームの中にはチョコレートクランチが隠れている。もちろん、チョコレートクランチでできたバーも添えられており、見ても味わっても、そして写真で撮っても楽しめるデザートだ。

また、チョコレートを作っているドナルドをモチーフにしたスーベニアスプーンも販売。アイスを食べる楽しみが増えること間違いなしだ。

ナリナリドットコム

「東京ディズニーリゾート」をもっと詳しく

「東京ディズニーリゾート」のニュース

BIGLOBE
トップへ