【心理テスト】“最初に見えた動物”でわかる「アニマル性格診断」であなたの価値観が判明!的中率抜群で戦慄するレベル

2月22日(木)7時0分 tocana

イメージ画像:「Thinkstock」より

写真を拡大

 一見するとそんなに数多くの異なる動物がいるという印象は受けないはずだが、実は、ここにある一枚の絵には動物(生き物)が6種類含まれている。

 あなたが一番最初に目でとらえ、脳が認識した動物はどれだろうか? そのイメージは、自分の一番大事な価値観を表しているという。

 かなり“当たる”らしいこの心理テスト、自分の心の奥底を覗き見るために、まずは先入観なしに試してみよう。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/02/post_16008_entry.html】

1. オオカミ

 忠誠心に溢れる。というよりも、バカがつくほど誠実で、時に身を滅ぼすほど相手のために尽くしてしまう。良くも悪くもそれこそがあなたの本質なので、その性格は一生変えられそうにない。

 オオカミは本能で生きる動物なので、人生に自信をなくして動揺する場面に直面する際は、自分の心の声によく耳を澄ませるようにしたい。

 それによって神経を研ぎ澄ませれば、オオカミの直感は滅多に間違った方向には導かないはずだ。その重要な声に気づけるかどうかはあなた次第である。


2. タカ

 生まれながらのリーダー的素質に優れる。上に立つ義務感やプレッシャーから逃れようとしても無駄だ。物事の白黒を自分でつけないと気が済まないあなたにとって、自己決定することこそ最も重視するポイントであるからである。

 大空高く飛翔して鋭い目で天から下界を見渡すタカと同じく、あなたがリーダーとしての役割を受け入れれば正に適材適所といえよう。決して判断を人に委ねないように。あなた自身が力を秘めていることを忘れないでほしい。


3. 蝶

 希望に満ちた人。あなたの努力の源は希望であるので、希望を持つことに戸惑ったり疑問を持たないように。

 多くの宗教や文化において、蝶は変化や再生の象徴である。毛虫が蝶になるのを皆が知っている一方で、有能な科学者たちですら幾重にも巻かれた繭の中でいったい何が起きているのかを必ずしも把握していない。

 蝶の姿が現れて羽ばたく際の、その最終的な姿が重要であり、それまでのプロセスの全てを理解する必要はないのだ。自分が不完全だと悩むことはない。あなたは周囲の人たちに希望と新鮮なひらめき、発想をもたらすことができる人なのである。


4. 馬

 精神的に追い詰められた窮屈な状態を好まず、自由を強く求める。それ故に自由を求める気持ちが平穏な生活を遠ざけてしまうのではないかと、時々心配になったりすることも。

 だが、野生の馬の美しさは自由に疾走する能力に起因するが、それだけではなくて、他の馬たちと足並みをそろえて共に大地をかけることができる点にもある。

 自由への欲求が失敗を引き起こすのではないかという心配は無用だ。その代わりに自分の個性として完全に受け入れることによって、協力して人生を渡っていける良い仲間を見つけることができるだろう。


5. 犬

 率直で自分の感情に嘘がつけない人。あなたは忠実で優しく、出会う人誰にでも献身的に世話を焼くタイプだ。

 一見オオカミと類似しているようだが、無条件の愛を注ぎ、自己防衛が欠如している点が大きく異なっている。犬は人間の良き友人としての条件が備わっているが、それは我々人間の数多い過ちをいとも簡単に許してくれるからに他ならない。

 慈愛に満ちた佇まいは誰からも好かれるだろう。だが、相手があなたの与える愛に値しない人間ならば、見切りをつけることも必要である。


6. ハト

 スピリチュアルな世界を重視する。自分ではそんなことはないと思ってみたところで、時間をかけて熟考したり、瞑想にふけることは自然と身についているだろう。

 ハトは平和を表しており、ハトに惹かれる人は物事の終結をはかるのに歩み寄りや静かさ、平和的な解決を求めるのである。

 平和を好む人が独自の意見を持っていないということではなく、意見を強く主張できない人たちに寄り添おうとしているのである。恐れることはない、皆を代表してあと少し勇気を出して声を上げてみよう。
(文=Maria Rosa.S)
イメージ画像:「Thinkstock」より

tocana

「動物」をもっと詳しく

「動物」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ