素の自分が出せない! 自分らしく彼と付き合う方法

2月22日(木)17時0分 yummy!

彼氏と付き合っても素の自分が出せずに毎回、撃沈……。
そろそろ安定してきたかなと思うと、モヤモヤ時期がスタート。
彼氏が変わっても素が出せないなら、あなたに問題あり!
少しずつでも素を出さないと、ずっとがんばらなくてはいけません。
今回は、自分らしく彼と付き合う方法をご紹介します。

3カ月目までは様子見


お付き合いが始まって3カ月目までは、どんな人でも相手に対して素が出せません。だからこそ、3カ月目は我慢できなくなってけんかをしやすい時期なんです。
けんかができて、ようやく本物のカップルになると言っても間違いではありません。付き合ってから、しばらくは様子を見て、それでも素が出せないなら、何かきっと原因があるのでしょう。
過去に好きな人からフラれていたら、もしかしたら、彼と別れたくなくて素直な自分を必死におさえているのかもしれません。いずれにしても、3カ月目までは、もう少しだけ様子を見てみて。

けんか・別れを恐れない


素が出せない最大の要因は、おそらくけんかや別れをとても恐れているから。過去に失敗した経験があったり、男性に対して恐怖心があったりすると、どうしても素が出せなくなってしまいます。
「こんなことを言ったら彼に嫌われてしまう」
「こんなことをしたら彼に笑われる」と、常に彼からの評価を気にしてばかりいるなら、もう他人を基準にして過ごすのは、やめましょう。
カップルは時にはけんかをしないと、お互いについて理解できないこともあります。
お互いの価値観を知ることで理解を深められるのです。けんかや別れを恐れず、彼にぶつかる勇気が必要なのかも。きっと正面からぶつかっていけば、彼は全身で受け止めてくれます。

自分の意見をもつ


素が出せない女性は必ずと言っていいほど、自分をおさえながら相手に尽くします。デートをしていても、常に彼のリクエストを優先。たまに自分から伝えることはあっても、基本的に彼の後ろを後からついてくる状態。
こんな状態では、いつかはあなたが爆発してしまいます。今までおさえていた分、爆発をすれば、すぐには収拾がつかないでしょう。いきなり「別れて!」と伝えてしまう可能性もあります。
どんな人と付き合おうとも、自分の意見は大切にしましょう。彼に伝える勇気もとても大切です。もし、伝えたことで嫌な顔をされても、気にしないくらいがちょうどいいんです。

彼に尽くしすぎない


カップルとして成立させるためには、もちろん相手に寄り添う努力は常に必要です。自分の意見を押し通しすぎても、彼はあなたと付き合うことが面倒くさくなるでしょう。ただし、「寄り添う」と「尽くす」は、似ているように見えますがかなり違います。
「尽くす」というのは、どちらかというと相手の要望よりも自分が一方的に行っている状態です。彼が求めている以上に尽くされると、だんだんと彼女の存在が負担となってくるのです。あなたは良かれと思っていても彼にとっては負担になってしまうこともあります。
それに対して「寄り添う」とは相手を思いやったり、その時の雰囲気を感じ取ったりしながらそばにいることです。つまり、彼のことを理解して行動をすることなんです。彼が一人になりたいと言った時には余計なことをせず、一人にしてあげたり、何か彼に頼られた時は協力したりすることです。
自分の素を出さないようして彼に尽くしてがんばりすぎた結果、彼から「(あなたが)何を考えているのか分からない」と別れを突き付けられているなら、やはりもう少しだけ、自分の素を出す必要があります。彼に自分の意見を言ったり、要望を伝えたりして彼とコミュニケーションを取っていきましょう。彼の前だけでは、ありのままの自分で要られたらべストですね。

さいごに


素が出せない問題は、かなり深刻。
自分だけが素直でいられないなんて、つらすぎます。
彼には素が出せていないことを素直に伝えて、お互いが自然体でいられるように意識してみて。
(山口 恵理香/ライター)

yummy!

BIGLOBE
トップへ