【恋愛はめんどくさい】恋愛抜きの結婚がメリットだらけだった

2月23日(金)21時0分 yummy!

「恋愛の先に結婚がある」
「愛した人と結婚するのが女性の幸せ」
そんな風に考えていませんか?
実は近年、恋愛抜きで結婚をする男女が増えているんです。
恋愛とは関係なく、生活のパートナーとして選んだ人とする結婚は、「愛した人との結婚」と同じくらい、ときには、それ以上にメリットがあるのです。

恋愛抜きの結婚のメリット①人として好きな人と結婚できる


恋愛中は、恋は盲目でその人の本質が見えていないことがあります。何もしゃべらなくても、ずっとくっついているだけで幸せ、と感じる人と結婚できることは幸せなことです。
でも、その恋愛が終わったとき、はじめて彼の本性が明らかになり、あなたの人間性を彼は知ることになります。お互い恋には落ちたけれど、人としてはそんなに相性が良くなかった、ということもあり得るのです。
その点、恋愛抜きの結婚なら、人として「この人とは一緒に生活できそうだな」「人として好感がもてるな」「話が合うな」と思える人と確実に結婚できるわけです。
恋愛フィルターを通さずに相手を見ているので、シビアに、冷静に判断することができるというメリットがあります。

恋愛抜きの結婚のメリット②面倒な恋愛をしなくていい


世の中には、「もう恋愛はしたくない」「そもそも恋愛があまり好きではない」という人もいます。
そういう人の中にも、「誰かと一緒に生活したい」「一生涯のパートナーと呼べる存在が欲しい」という欲はあります。
恋愛抜きの友達婚なら、面倒な恋愛期間を設ける必要もないのです。メールの返事が遅くて、「嫌われちゃったのかな」とやきもきすることも、クリスマスやバレンタインデーに奮発したプレゼントを贈り合う必要もありません。
それに、相手に好きな人ができたり不倫をしたとしても、まったく動じる必要がないのです。最初から恋愛感情はなかったのですから、パートナーが他の人にひかれていたとしても、家庭にさえ帰ってきさえすれば何ら問題はない、と穏やかな気持ちでいることができます。
恋愛の甘い部分もない代わりに、恋愛で生じるドロドロした感情や嫉妬とは縁を切ることができます。

恋愛抜きの結婚のメリット③永遠に冷めない


熱烈に愛し合ったカップルが結婚したとしても、その愛情が一生続くとは考えられません。激しい愛情はいつか冷めてしまいます。
ですが、恋愛抜きで結婚した場合、元から熱くないので冷める心配もありません。もちろんセックス抜きなので、セックスレスの心配もないわけです。

さいごに


今回は、恋愛感情抜きで結婚する場合のメリットについて紹介してきました。
生涯をともにするパートナーが恋愛のパートナーである必要はないのかもしれません。
「大恋愛をして結婚したい」「トキメける人と結婚したい」と考えながらも、なかなか好きな人ができない場合は、恋愛関係からはじまらない結婚も視野に入れてみるといいかもしれません。
今来 今/ライター

yummy!

「恋愛」をもっと詳しく

「恋愛」のニュース

BIGLOBE
トップへ