こんなものまで失った……?不倫で失ったもの得たもの

2月24日(月)21時30分 yummy!

不倫は、する前には予想だにしないものを与えてくれて、そして奪っていきます。
それはとても恐ろしいことですが、その中でも学ぶこともあるということです。
今回は、不倫で失ったもの、得たものを不倫経験者の体験談をもとにまとめました。

目次

得たもの 今の旦那 失ったもの良心

「不倫略奪婚したので…… 今の旦那さんが前の奥さんと別れたいときにわたしと出会って不倫関係の末わたしと結婚しました。旦那のことはもちろん手に入れたけど、前の奥さんとお子さんに対する罪悪感で、良心は失いましたね。」(34歳/公務員)
こちらは、略奪婚で旦那さんを得たけれども、他人の家庭を壊してしまったという良心を失ってしまった、という体験談。
略奪不倫では当然の結果といえますね。良心を捨ててでも一緒にいたい、と思える人と出会えることはある意味幸せなのかもしれません。

得たもの女性としての生きがい失ったもの旦那への愛

「得たものは、女性としてた失ってた女としての生きがいみたいなものと、そして失ったものは旦那への愛ですね。決定的に」(36歳/主婦)
結婚生活を続けていて旦那さんがマメに愛を表現してくれないと、毎日の家事育児仕事に追われて女としての生きがいを失ってしまうもの。しかし不倫をすることで再び女性としての生きがいを取り戻し、同時に旦那さんへの愛を失ってしまうのです。夫婦間の愛が消えることは悲しいことでもありますが、これこそが不倫の代償ともいえますね。

得たもの 経験と友人 失ったもの 不倫したことない事実

「不倫という唯一無二の経験そして不倫繋がりで得た友人ですね……そして、不倫した事の無い、というホワイト感は失いました」(39歳/営業)
不倫は確かに、経験した人でないと分からない独特の経験値を得ることができます。そして人にはあまり言えないものなので不倫について相談する不倫繋がりの友達も増えていくこともありますよね。
そして人として大切な、不倫をした事の無い人間、というクリーンな自己イメージは、もう二度と手に入れることはできません。

得たもの 慰謝料 失ったもの旦那への信用

「旦那の不倫が発覚して慰謝料もらってお小遣いに。当然旦那への信用は失いましたよね」(33歳/販売)
こちらは、いわゆるサレ妻さんの得たもの、失ったもの。慰謝料という小遣い、確かに現金は助かるものですが、元々お財布が同じ夫婦だった場合、そして離婚を選ばない場合は小遣いにはならないのが悲しいところ。
信用はお金では回復できない代表的なものですよね。

二兎を追う者は一兎をも得ず、というのが不倫の基本


基本的に、家庭も大切にしたい、と言いながら刺激を求めて安易に遊びに手を出す不倫は失うものばかり。
ただその中でも、他では知りえない深い経験が不倫にはあるのですね。
(mashu/ライター)

yummy!

「不倫」をもっと詳しく

「不倫」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ