どんどん好きになる! 「愛が冷めない」カップルの特徴って?

2月25日(木)21時30分 yummy!

大好きな彼氏とは、いつまでも仲の良い関係でいたいと思うはずです。
そのためには、お互いが居心地のいい状態を作り出すことが、とても重要になってきます。
そこで今回は、「愛が冷めない」カップルの特徴について紹介します。

目次

「いい部分」を見る

「いつも仲良しでうまくいっているカップルは、お互いに相手のいいところを見ている気がする。だから、嫌な気持ちになることも少ないんだと思う」(20代・女性・アパレル)
一緒にいる時間が長くなると、ついつい相手の悪いところにばかり目がいきがち。
それでは不満やイラ立ちだけが募っていき、嫌悪感をどんどん大きくしていく一方になってしまいます。
本当に直してほしいところはお互いに指摘しつつも、意識的にいいところも見るようにしていくと、相手の見え方は変わってくるはずですよ。

「ずっと一緒」ではない

「長続きするポイントは、やっぱり束縛とか干渉が激しくないことですね。ずっと一緒にいたら、どうしてもマンネリを感じずにはいられなくなる」(30代・男性・医療関係)
付き合っているからといって、四六時中ずっと一緒にいたら、さすがに息が詰まってしまいます。
“ふたりの時間”だけではなく、“ひとりの時間”も大切にすることが、いつまでもいい距離感を保つ最重要ポイント。
一緒にいない時間も持つことで、「会いたい」とか「話したい」といった気持ちが自然と生じてくるでしょう。

素直に「意見」をぶつける

「変に我慢とかをしないで、思ったことを言える関係がいいです。そうじゃないと、結局は一緒にいても色々と不満を感じるようになってしまいます」(20代・男性・インストラクター)
好きな人に対しては、「嫌われたくない」という思いが強くなるもの。
だからといって、嫌われないようにと、自分を押し殺して我慢ばかりをしていたら、それは次第にストレスになっていくだけ。
また、素直な意見を言い合えないと信頼も生まれにくいので、きちんと自分の考えを伝えて、ときにはぶつかり合うことも大切ですよ。

考えを「押しつけない」

「自分の意見を押しつけてくる男性とは、付き合っても絶対に長続きしないです。そこは付き合う前に、一番チェックしておきたい部分かも」(20代・女性・WEBデザイナー)
「こうするべき」「こうしないとダメ」「そんなのやめなよ」などと、考えを押しつけられたら苦痛に感じるだけ。
それが相手のためを思ってのことであっても、言い方によっては嫌な気持ちにさせてしまうでしょう。
「こういうのはどうかな?」と、押しつけではなく提案をして一緒に考えられるふたりになれたら、最高の味方だとお互いに思えるはずですよ。

さいごに

好きという気持ちをただぶつけまくるのでは、それが重荷になってしまうこともあります。程よい距離感をきちんと保つことが、いつまでも愛が冷めない関係性でいるための大事な秘訣ですよ。
(山田周平/ライター)

yummy!

「カップル」をもっと詳しく

「カップル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ