【高校受験2021】埼玉県公立高入試・学校選択問題<英語>講評…問題量と難易度変化なし

2月26日(金)19時23分 リセマム

【高校受験2021】埼玉県公立高入試・学校選択問題<英語>講評

写真を拡大

令和3年2月26日(金)、令和3年度(2021年度)埼玉県公立高等学校入学者選抜が実施された。埼玉県教育委員会が2021年2月22日に発表した埼玉県公立高等学校入学者選抜志願確定者数は、全日制の普通・専門・総合学科の合計で、入学許可予定者数3万6,040人に対し、志願確定者数は3万9,475人。倍率は1.09倍だった。リセマムでは、スクール21の協力を得て、学力検査「学校選択問題・英語」の講評を速報する。このほかの教科(全5教科)についても同様に掲載する。

学校選択問題<英語>講評
(スクール21 提供)

 問題量も難易度も、昨年と大きな変化はありませんでした。

大問1.リスニング
 去年とほぼ同じ難易度でした。

大問2.対話文読解
 今年は昨年に比べ、2文以上の英文で答える記述の問題が、日本語で答える記述の問題に変わりました。日本と外国の文化の違いについて、という内容ですので、比較的読み取りやすかったと思われます。

大問3.長文読解
 昨年に比べ少し文章は短くなり、読みやすくなりましたが、それでも時間が足りなくなった受検生が多かったと思います。
読み取りも知識も聞かれ、幅広く英語の力自体が問われました。

大問4.条件英作文
 英文による指示の文章は昨年同様長かったのですが、昨年に比べ考えやすい、書きやすい問われ方でした。
 練習した受検生ほど、高得点が取りやすかったでしょう。

--
 このレポートは令和3年2月26日(金)に速報としてスクール21により作成されたもの。

協力:スクール21

リセマム

「埼玉県」をもっと詳しく

「埼玉県」のニュース

「埼玉県」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ