止まらないマスク転売。経産省がフリマ・オークションアプリに出品自粛を要請。今度こそ転売ヤー撲滅なるか?メルカリに聞いてみた

2月28日(金)18時16分 FINDERS

メルカリで2月28日・17時過ぎに「マスク」と検索バーに入力し表示された画面

文:神保勇揮

今後、トイレットペーパーなどにも同様の対策を検討

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、マスクが品薄になってからおよそ1カ月。

開店前にでも並ばない限り、ドラッグストアなどにいつ行っても「完売です」の文字の前に立ち尽くすのみ。菅官房長官が記者会見で「毎週1億枚以上を供給できる見通しである」とは言い続けているものの未だ改善の兆しはなく、メルカリやヤフオクといったフリマアプリ・オークションサイトでは多数の転売品が並んでいる。

こうした状況を受け、経済産業省では2月27日にウェブサイト「マスクや消毒液の状況 〜不足を解消するために官民連携して対応中です〜」を公開。リアルタイムで国内の生産状況や輸入・海外生産状況を更新している。

経済産業省「マスクや消毒液の状況 〜不足を解消するために官民連携して対応中です〜」より

同サイトの記述(2月28日11:30時点)によると、国内メーカーは24時間体制で通常の3倍の増産、週1億枚の供給を継続しており、加えてマスクの生産設備の導入などを行う事業者への補助金第一弾として3件を採択。また中国などから1千万枚レベルでの輸入を先週から再開しており、4月1日以降、さらに週に2千万枚レベルの輸入増を目指しているという。

加えて27日夜から28日朝にかけて、複数のメディアから「経産省がオークションサイトなどに対して、一定の猶予期間を設けたうえでマスクの販売自体の自粛を要請する」という報道が流れた。これにより、各事業者のさらなる高額転売への規制強化・阻止が期待できるのか。メルカリ広報に取材を行い、本日17時に回答を得た(なお、ヤフオク!を運営するヤフーにも同様の取材依頼を行っており、回答が得られ次第記事化する)。

—— 御社は2月4日に「マスクの取引に関するご協力のお願い」というプレスリリースを掲載しています。この度の経産省からの要請を受け、さらに対策が強化されるということでしょうか。その場合、具体的にどんな内容になるのでしょうか?

A:2月27日に新たに「マスクなど感染予防用品の取引に関するご協力のお願い」というプレスリリースを発信いたしました。
https://jp-news.mercari.com/2020/02/27/notice-about-listing-facemasks2/
具体的には、2月下旬から消毒液などの予防用品についても高額出品等については削除の対応をしております。また、マスクについても対応を強化し、出品削除の対象となる価格を引き下げております。

(※編集注:上述のプレスリリースでは新たに「除菌用ウェットティッシュ」、「除菌用ハンドジェル」、「消毒用アルコール」、「その他、コロナウイルス感染の予防を謳った商品」について入手経路の確認や商品の削除・利用制限などの対象にするとしている)

—— 御社のQ&Aサービス「メルカリボックス」では「マスクなどの高額転売商品を通報しても削除されない」という書き込みが多数みられます(ただ一方で「確かに削除されているとは感じるので、追いついていないのだと思う」という書き込みも多くみられます)。このような現象はなぜ生じてしまうのでしょうか。また、何か対策を取っている場合、その内容をお教えください。

A:先のご回答でお伝えしました通り、一定の金額を超えるような高額な出品については順次削除対応を進めております。削除まで時間差が出てしまう場合もありますが、順次対応しております。

—— 一部地域では「トイレットペーパーやティッシュが品薄になる」という情報が流れ、御社サービスでも実際に高額転売商品の出品が確認されています。今後、同様の生活必需品の転売品が増加した場合、対策を取る可能性はございますか? 対策を取る場合、具体的にどんな内容になるのでしょうか?

A:現時点でトイレットペーパーやティッシュは禁止出品物ではありませんが、マスク・消毒用品などと同様、今後も社会情勢等、状況を鑑み対応を随時検討してまいります。

メルカリ広報の回答にもあるように、確かにメルカリ上で「マスク」と検索してみると、数万円、数十万円にも上るような高額商品は見当たらなくなってきている印象だ。代わりに27日ごろからトイレットペーパーなどの高額転売が始まってしまっているのだが、こちらも早急な収束を願ってやまない。

FINDERS

「オークション」をもっと詳しく

「オークション」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ