「生理中」の女性に対して…男性なりに気を使っていること

2月28日(日)21時30分 yummy!

女性の「生理」のことは、男性にとってはよくわからない未知のもの。
でも、つらそうにしている姿を目にしたら、男性も接し方などを考えようと感じるはずです。
そこで今回は、「生理中」の女性に男性が気を使っていることについて紹介します。

目次

きちんと体調を「気遣う」

「生理でつらそうな姿を見たら、できるだけやさしく接しようとは思います。できることは限られているので、気遣いだけは忘れないようにしないとね」(30代・男性・商社)
女性の生理のことはよくわからないからこそ、とにかく体調を気遣おうと男性は思うもの。
むしろ、それくらいしかできることがないと感じているので、できるだけやさしく接しようとするのでしょう。
「大丈夫?」「少し休む?」「何か飲む?」などと、つらいときに声をかけてくれる男性は、ちゃんとあなたのことを気にかけてくれている証拠ですよ。

「デート内容」を変更する

「体調がいまいちなのに、無理にデートをするには悪いなって思うので、延期したり早めに切り上げたりといったことは心がけています」(20代・男性・不動産)
生理とデートが重なってしまった場合は、デート内容を変更しようと男性は考えるでしょう。
日程を変更する、デート中に休憩をたくさん取る、早めに切り上げる、おうちデートにする、遠出はやめる。
そういった行動をサラッと取ってくれる男性は、あなたのことを大切に思っていて、ちゃんと見てくれている人ですよ。

何もせず「そっとしておく」

「とにかくゆっくり休んでほしいから、そっとしておくのが一番かなって。下手に何かすると、逆に気を使わせちゃったりすると思うので」(20代・男性・出版)
生理でものすごくつらそうにしている姿を見たら、男性は「邪魔をしてはいけない」と感じます。
つらいときは「とにかくそっとしておいてほしい」という気持ちも理解できるので、あえて放置することもあるかも。
「何かできることがあったら言ってね」と告げたうえでそっとしておいてくれる男性は、本当に心配してくれているのでしょう。

「イライラ」を受け入れる

「生理中はイライラするのも仕方がないことだと思います。だから、ちょっとあたられたりしても、それは甘んじて受け入れるようにしています」(20代・男性・自営業)
生理中は、ちょっとしたことでイライラして、怒りっぽくなる女性が多いというのは、なんとなく男性もわかっていること。
そのため、多少は感情的な姿を見ても、見て見ぬふりをしたり、我慢して受け入れたりしようとしてくれます。
ただ、あまりにも度が過ぎると、さすがに男性も耐え切れなくなるので、大目に見てもらえることに甘えすぎるのは禁物ですよ。

さいごに

男性なりの気遣いを見せてくれたのなら、そこには女性も感謝を示したほうがいいです。そうやってお互いに歩み寄っていけたら、ちゃんと思いやりを持ち合えるふたりになれますよ。
(山田周平/ライター)

yummy!

「生理」をもっと詳しく

「生理」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ