【雪印メグミルク】家庭用マーガリン類・ショートニング2018年3月上旬より全国にてリニューアル発売

3月1日(木)11時0分 @Press

雪印メグミルク株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:西尾 啓治)は、家庭用のマーガリン類・ショートニングのすべての商品について、2018年3月よりトランス脂肪酸を多く含む部分水素添加油脂※を使用しない配合に変更して全国発売いたします。

※部分水素添加油脂
原料油脂の一部に水素を添加して硬さや融点を調整した、トランス脂肪酸を多く含む油脂です。原料としてマーガリン類だけでなく、様々な食品に使用されています。2015年6月、米国のFDA(米国食品医薬品庁)は、トランス脂肪酸が多く含まれる部分水素添加油脂は、GRAS(従来から使われており安全が確認されている物質)ではないとして、食品に使用するためにはFDAの承認が新たに必要(2018年6月から)と決定しました。

◆ リニューアルのポイント
雪印メグミルクの家庭用マーガリン類・ショートニングは、健康とおいしさに配慮し、原料油脂にこだわった商品です。原料油脂に部分水素添加油脂を使用せず、トランス脂肪酸の低減に取り組んでいます。
2018年春、雪印メグミルクは家庭用マーガリン類・ショートニングのすべての商品について、原料油脂に「トランス脂肪酸を多く含む部分水素添加油脂」を使用しない配合を実現しました。

◆ 部分水素添加油脂を使用しない配合を実現
マーガリンやファットスプレッド等をはじめとする加工油脂食品類は、食生活を豊かにする重要な食品です。そこに含まれる脂質成分は、体の構成要素として、またエネルギー源としても重要です。さらにビタミンA、D、Eなどの脂溶性ビタミンの吸収を促すなど生体維持にも重要な役割を果たしています。当社では、引き続き安全でお客様に安心していただける商品を提供するために、独自の「乳化技術」や「結晶化制御技術」により、部分水素添加油脂を使用しなくても「風味のよさ」「ぬりやすさ」を維持した品質の高い商品を開発しました。

◆ 「コレステロール0(ゼロ)」の継続訴求を実現
また、昨今の食生活において飽和脂肪酸やコレステロールの摂り過ぎによる健康影響が指摘されていますが、当社独自の「油脂加工技術」や「油脂配合技術」により、「飽和脂肪酸」の低含有量化を実現し、引き続き「コレステロール0(ゼロ)」の訴求が可能な商品の改良を実現しました。

◆ お客様への情報提供
これらのリニューアルに関する情報については、ホームページにあるネオソフトブランドサイト【http://www.neosoft-brand.com/】を3月1日よりリニューアルし、より詳しくわかりやすく、丁寧に説明していきます。また、商品パッケージ上から2次元コードにて誘引します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/150963/img_150963_14.jpg
当社では、今後も継続的にトランス脂肪酸を低減する取り組みを進め、お客様の豊かな食生活と健康に関する情報を、商品選択の判断材料として提供していきます。

1.商品概要

(1)改良品

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/150963/img_150963_1.jpg


(2)デザイン変更品(部分水素添加油脂不使用は既に対応済み)

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/150963/img_150963_2.jpg

2.お客様からのお問い合わせ先

雪印メグミルク株式会社 お客様センター
0120-301-369(年中無休 9:00〜19:00)
【雪印メグミルクホームページ:http://www.meg-snow.com】



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「マーガリン」をもっと詳しく

「マーガリン」のニュース

BIGLOBE
トップへ