いったいなぜ?アマゾンのジャングルの中からクジラが発見されるというミステリー

3月1日(金)22時30分 カラパイア

feet1_e
image credit:Instagram

 クジラってどこに住んでるの?森に住んでるの?ってそんなこたーないわけだが、なぜかアマゾンのジャングルでザトウクジラの死体が発見された。

 体長約11m、重さ約10トンもあるザトウクジラの赤ちゃん(推定1歳)で、本来生息しているはずの海から約15m離れたジャングルの中で死んでいたのだという。

 どうやってそこまで運ばれたのか、その前にどうして死んでしまったのか?不思議なことが多すぎて、専門家らは一様に首をかしげているようだ。
・アマゾンのジャングルにザトウクジラの赤ちゃんが!?


Mystery as huge dead whale found in brazilian jungle 02/24/19

 ザトウクジラの赤ちゃんが発見されたのは2月24日、ブラジル・アマゾン川河口にあるマラジョ島のアラルナ・ビーチでのことだ。

 マラジョ島を拠点に活動する水生哺乳類の保護団体、ビチョ・ダグアによると、おそらく海で死亡し、それが潮流の関係で内陸まで運ばれきたのではないかとのこと。

Bicho D'aguaさんの投稿 2019年2月23日土曜日


 しかしその死因を特定できず、網に巻き込まれたのかボートにぶつかったのかなどを確認するために体の傷跡を調査しているようだ。

 また病死の可能性もあるため、体内から寄生虫のサンプルを収集して分析するとしている。

Bicho D'aguaさんの投稿 2019年2月24日日曜日


・ブラジル北部から南極大陸に移動しなかった謎

 ジャングルの中にザトウクジラがいることも珍しいが、専門家によると2月のブラジル北部沿岸にザトウクジラがいたこと自体珍しいのだそうだ。

 ザトウクジラは通常8月から11月にかけてブラジル北東部のバイーア州沿岸で見られ、繁殖地としてよく知られたスポットでもある。

 しかしその後、エサを求めて南極大陸に向けて移動するのが普通であり、この時期にどうしてザトウクジラが?しかも赤ちゃんが?と謎が謎を呼んでいる状況だ。

Bicho D'aguaさんの投稿 2019年2月24日日曜日


・死亡したザトウクジラの骨格はブラジルの博物館へ

 生物学者の一人は、

おそらく母親と南極に向けて一緒に旅をしていたのだろうが、途中で迷子になったのだろう。そしてそのまま何らかの原因で死亡し、高波にさらわれたのだろう

と推測している。

 サイズがデカすぎることから、ザトウクジラの赤ちゃんの死体を移動させる予定は今のところないようだ。しかし、骨格は将来の研究のためにベレンにある博物館に送られるらしい。

Bicho D'aguaさんの投稿 2019年2月23日土曜日


 マングローブの生い茂る湿地帯に突如、ザトウクジラが現れたらびっくりするどころじゃあすまないね。お母さんと迷子になったんだとしたら赤ちゃんには気の毒なことだ。

 そういえば2011年、アメリカで森の中からサメの死骸が発見されたというニュースがあったけれど、海で魚を捕る許可を持たない人が、ヨシキリザメを釣りあげたものの、処分に困って森に投げ捨てた可能性があるとのことだったね。

・キャトルミューティレーション系?森の中でサメの死骸が発見される(米ニューハンプシャー) : カラパイア

References:Facebook / YouTube / Ancient code / Daily mail / Instagramなど / written by usagi / edited by parumo
追記:(2019/3/2)本文を一部訂正して再送します。

カラパイア

「クジラ」をもっと詳しく

「クジラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ