貯金がゼロだとどうなる?50代からの脱出の方法

3月2日(火)18時30分 All About

もし50代で貯金ゼロだったらどうやって挽回すればいいのでしょう?

写真を拡大

2人以上世帯の10%が貯金100万円以下

総務省の令和2年『家計調査(貯蓄負債編)』によれば、2人以上世帯の10%が貯金100万円以下なのです。同じく『家計調査(家計収支編・令和2年10月分)』では、消費支出平均が31万5007円ですので、100万円の貯蓄があれば、贅沢をしなければ3カ月弱は暮らしていけるでしょう。
ただ、別のデータ、金融広報中央委員会による令和2年『家計の金融行動に関する世論調査』(2人以上世帯)によれば、「貯蓄がない世帯」が1.5%いるというのです。比率は高くないのですが、貯蓄のない生活で「休んでも大丈夫」という安心感を持てるでしょうか?
ここでは、もし50代で「貯蓄がない」という状態なら、どう暮らしていけばいいか考えてみましょう。

対策1:貯蓄がなければ収入を増やそう

貯蓄がなければ、収入を増やさなければなりませんね。50代はまだ年金を繰り上げ受給できる年齢ではありません。収入を増やすには月並みですが、まず「働くこと」です。民間給与は年収436万円が平均値、非正規雇用の給与は年収175万円です(国税庁『令和元年分民間給与実態統計調査』より)。
貯蓄は生活次第とはいえ、非正規の平均年収で貯蓄をするのは難しそうです。収入を増やすには副業も視野に入れた方がよさそうです。厚生労働省『副業・兼業の促進に関するガイドライン』(令和2年9月改定版)によれば、原則として労働者は副業・兼業を行うことができる(ガイドライン8頁)のです。

対策2:「収入>支出」になるような堅実な生活をする!

そして、50代から貯蓄するには収入>支出を厳守しましょう。収入が少ないけど、副業をして収入を増やすことが体力、気力、職場の事情で難しい場合は、支出を減らす生活が必要です。
特に家賃や住宅ローンを支払っている場合は大変ですね。実家に戻る、家賃を友人とシェアする、など、工夫をして最大の固定費、家賃を節約しましょう。住宅ローンも早く支払えば負債が減るのですが、無茶は禁物です。手取りの20%以内に収まるようにしましょう。
外食も回数を決め、多くならないようにした方がいいですね。なるべく自炊しましょう。スマホ代等通信費も最近では安いプランや電気・ガス代を込みにすると割引を受けられるサービス等がたくさん出てきています。自分の生活にあったプランに見直しましょう。

対策3:退職したら、雇用保険の給付金を

貯金ゼロの人がもし退職してしまったら、失業等手当など雇用保険の給付金を迷わずもらうことです。解雇や雇止めなら、待期期間がなく支給されます。どんな職場でどんな状況で退職しても「離職票」は会社から必ずもらいお住まいの地域のハローワークで手続きしましょう。
失業等給付の基本手当は、離職前月給の約6割です。
次の職がなかなか見つからなくても、公共職業訓練を受けて失業手当を延長することも可能です。雇用保険には様々な給付金がありますので、お住まいの地域のハローワークでよく相談してみましょう。

対策4:年金保険料・国保料を支払えない場合は、免除・猶予の申請を!

60歳になると年金を繰り上げ受給できるのですから、将来の収入確保のために年金を少しでも多くもらえるようにしなければいけません。だから、どんなにお金がなくても「国民年金保険料を滞納」するのはNGです。
国民年金保険料が支払えなくなったら、お住まいの地域の年金事務所や市区町村役場で必ず「免除申請」をしましょう。過去2年にさかのぼって免除申請できます。国民健康保険料も失業などの場合、減免措置を設けています。市区町村役場で相談しましょう。

対策5:つみたてNISAなどで強制的に引き落としになるようにする

50代で貯蓄を増やすのに、おすすめするのは、ネット証券なら月100円からできる「つみたてNISA」です。品ぞろえが投資信託のみなので元本保証ではありませんが、株式(個別銘柄)や外国通貨より値動きが安定しています。
「つみたてNISA」の品ぞろえは金融庁で選び抜いた投資信託ですし、販売手数料が無いのも魅力です。預貯金より資金を増やせる可能性が高いでしょう。ネット証券に口座を作ってみてはいかがでしょうか?
50代は年金をもらえるまでに間があり、しかも万一失業などをした場合、次の職が見つけづらい可能性もあり、貯蓄はあった方が安心です。少しでも増やしていけるよう、意識していきましょう。
【参考資料】「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査](2020年)
(文:拝野 洋子(マネーガイド))

All About

「貯金」をもっと詳しく

「貯金」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ