めっちゃリアルな「手乗りアニマル」にキュン♡ ぜ〜んぶ石に描かれた絵だなんて信じられない〜っ!

3月2日(金)14時0分 Pouch[ポーチ]

手のひらにちょこんと乗っかった、小さな小さな動物たち。ふんわりとした毛の質感や吸い込まれそうなほど透きとおった瞳に魅入られてしまいますが……実はぜ〜んぶ、石に描かれた “絵” なんです。

犬のパグに、猫、フクロウ、パンダ、アリクイ、さらにはマナティー。石に描かれる動物たちはバリエーション豊富で、イキイキとした表情を浮かべているのが印象的です。

このアニマルストーンを作り続けているのは、ロシア・モスクワのアーティスト、インナさん(Inna Kondratenko)。インナさんは石と動物には類似点があるといいます。

【自然と触れ合う喜びを感じてもらいたい】
海外サイト「Bored Panda」にインナさんが寄せたコメントによれば、インナさんは石を使った3Dミニチュアを作ることで、それぞれの生き物たちが持つ特性を伝えたいと考えているそう。

大都市に暮らす人たちは自然と十分に触れ合う機会がないけれど、アニマルストーンの存在によって自然を感じ、喜びを覚えてくれたら嬉しいと、インナさんは話しています。

【触れ合うことで感じる「生命」】
作品制作のきっかけは、イタリアのアーティストのアニマルストーンに強く影響を受けたこと。石に絵を描くという手法に親しむため「Spirit of the Stones」というアーティスト名で作品づくりを始めたそうです。

『Spirit of the Stones』はアートワークであり、オモチャではない」と語るインナさんですが、だからといって「飾って眺めてください」という意図があるわけではないようにわたしは思うんです。

それぞれの石が持つ丸みや、手のひらに乗せたときに感じられる、石ならではのぬくもりや存在感。ずっしりとした重みも含めて、そこに生命を感じるからこそ、インナさんは石をキャンバスに選んだのではないでしょうか。

【どの子も可愛らしい〜♡】
触れるだけで自然と癒されそうな、「Spirit of the Stones」のアニマルストーンたち。フェイスブックとインスタグラムで作品を見ることができるので、これぞというお気に入りを見つけてみるといいかも♪

参照元:Facebook、Instagram @spiritofthestones、Bored Panda
執筆=田端あんじ (c)Pouch

インスタグラムをもっと見る

Pouch[ポーチ]

「アニマル」をもっと詳しく

「アニマル」のニュース

BIGLOBE
トップへ