ツイッターで「嫁募集」したら本当に嫁が来た……ある男性の投稿が話題

3月4日(月)17時14分 おたくま経済新聞


 カップルが結婚に至る過程って、それぞれ独特です。最近では「交際期間0日婚」なんてケースもありますが、とあるカップルはTwitterで「嫁募集」したところ、そのまま結婚に至ってしまいました。

 婚活サイトを含め、最近はネットがきっかけで結婚に至ったカップルの例も見かけます。筆者も以前、ネット上のファンコミュニティがきっかけで交際が始まり、結婚に至ったカップルの披露宴に友人代表として出席したことがあります。しかしTwitterも婚活ツールになる時代がやってきたとは……。

 Twitterユーザーらしく、Twitterでお嫁さんを募集して結婚に至ったことを報告したのは、サト吉さん。公務員をしてらっしゃいます。外からはお堅いイメージを持たれる公務員ですが、サト吉さんはそんなイメージとは無縁の奔放なツイートで、Twitter界隈では知る人ぞ知る人気者です。

 そんなサト吉さんが、ある時「嫁募集」のツイートをしたところ、なんと「会いに行きます」というリプ(返事)が。普段冗談も多いアカウントだけに、冷やかしでリプしてきたのかなと思いきや、福岡から遠路はるばるサト吉さんの住む神奈川まで実際にやってきたとのこと。



 ここまでなら「一度会ってみたかった」というファン的な感じで終わるのですが、その2か月後にはサト吉さんの住むところへ仕事を見つけ、引っ越してくるという電光石火ぶり。そしていつの間にか同棲するようになり、このたび結婚に至ったというわけです。この間およそ1年半。サト吉さんのTwitterアカウントでは、まるっきり彼女がいるとか結婚するとかいう気配を感じさせることはありませんでした。まさに機敏(Smart)・着実(Steady)・静粛(Silent)を旨とする「3S精神」。

 サト吉さんのTwitterアカウントには、結婚指輪をした2人が手を重ねる写真もアップされており、多くの「いいね」が押されています。もちろん、お祝いの言葉も数多く寄せられているのですが、普段ギャグが多めだったせいか、「エイプリルフールには早いんじゃない?」といった疑問形でのお祝いコメントも散見されるという感じ。半信半疑のフォロワーさんも多いようですが、サト吉さんによると「事実です!」とのこと。



 まさかのTwitter婚ということになったサト吉さんご夫妻。アメリカではこんな時「BZ(ブラボー・ズールー)」と表現したりするのですが、あわせて「Fair windsandfollowing seas(これからの旅路が順風満帆でありますように)」という言葉も送りたいと思います。

<記事化協力>

サト吉さん(@satokichiGT)

(咲村珠樹、宮崎美和子)

おたくま経済新聞

「ツイッター」をもっと詳しく

「ツイッター」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ