これが男性の本音!「デート中」に萎えてしまう女性の言動

3月4日(木)7時30分 yummy!

好きな男性とデートができたとしても、そこで嫌われてしまっては意味がありません。
楽しい時間にして、次につなげていくことができないと、恋愛関係まで発展させていくことも難しくなるでしょう。
そこで今回は、「デート中」に萎えてしまう女性の言動について紹介します。

目次

「スマホばかり」見ている

「デート中にスマホを触ってばっかりいる女性は、俺に興味がないようにしか見えない。テンションも下がるので、もう誘うこともないですね」(30代・男性・IT)
一緒にいるときに、女性が頻繁にスマホを触っていたら、「つまらないのかな?」「帰りたいのかな?」などと男性は感じます。
デートに夢中になってくれているようには見えないので、間違いなく男性のテンションは下がっていく一方。
急ぎの用件なら仕方がないですが、無駄にスマホを見ないようにしないと、大きな誤解を生む原因になりかねないですよ。

すぐに「買い物」を始める

「デートなんだから、個人的な買い物とかはやめてほしい。毎回のように買い物に付き合わされると、何も楽しくないしうんざりしてしまう」(30代・男性・美容師)
女性の買い物に同行することを、苦痛に感じる男性はとても多いです。
しかも、せっかくのデートの時間を、買い物に多く費やされたら、かなりがっかりするはず。
自分の欲求を満たすことばかりではなく、ふたりで楽しむことを強く意識しないと、「もうこの子とはデートしたくない」と思われてしまいますよ。

あからさまに「疲れた態度」を取る

「ちょっと歩いただけで、すぐに疲れたって顔をされると、こっちもげんなりしてしまいます。休憩ばかりをするのも、デートとしてどうなのかと思うし…」(30代・男性・販売)
デートで歩き回って疲れてしまうこともあるでしょうが、そのときはきちんと「少し休憩しない?」と言うことが大事。
あからさまに疲れた態度を取ったり、急に不機嫌になったりしたら、男性としても戸惑いやイラ立ちを感じずにはいられないでしょう。
「言わなくても察してよ」という態度は、男性には煙たがられてしまうだけなので、思いは口に出して伝えて、より楽しいデートができるように心がけてくださいね。

自分からは「何もしない」

「なんでもこっちに任せるって感じの女性は、ちょっと嫌かもしれません。そのくせ文句を言われたりすると、はっきり言ってイラッとしますね」(20代・男性・WEBデザイナー)
何から何まですべてを男性任せにするのは、あまりオススメできる行為ではありません。
何もせずに、まるでお客様かのような状態でいると、次第に男性は憤りを感じてくるはず。
ふたりで一緒に考えたほうが濃密で楽しい時間になるので、ずっと受け身ではなく、意見を言ったりサポートしたりは積極的にしていきましょう。

さいごに

デート中に萎えてしまったら、男性の気持ちは一気に冷めていくでしょう。そんなことにならないためにも、「ふたりで楽しむ」ということをきちんと意識してデートに臨むようにしてくださいね。
(山田周平/ライター)

yummy!

「恋愛」をもっと詳しく

「恋愛」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ