【高校受験2018】東京都立高の分割後期・全日制第二次募集、全日制51校で実施

3月5日(月)13時15分 リセマム

平成30年度都立高等学校第一学年生徒分割後期募集・全日制課程等第二次募集 全日制普通科の実施校一覧

写真を拡大

東京都教育委員会は平成30年3月2日、平成30年度(2018年度)東京都立高等学校入学者選抜における分割後期募集・全日制課程等第二次募集について発表。全日制は51校が実施し、募集人員は1,647人。前年度より509人増となった。

 分割募集とは、特定の学校があらかじめ定員を分割し、前期募集(第一次募集期間)と後期募集(第二次募集期間)とに分けて行う募集のこと。平成30年度は全日制51校(延べ54校)が実施し、1,647人を募集。定時制は6校で611人を募集する。

 東京都教育委員会Webサイトには、実施校の一覧が掲載されている。各学科の募集人員を見ると、全日制普通科は日本橋や田園調布、竹台など31校で1,118人を募集。専門学科では、工業に関する学科が蔵前工業や総合工科など8校で262人、科学技術科が科学技術1校で13人、商業に関する学科が芝商業や江東商業など5校で112人、ビジネルコミュニケーション科が大田桜台1校で28人、総合学科が東久留米総合1校で17人など。

 出願期間は平成30年3月6日午前9時から午後3時まで、志願する都立高校に入学願書などの必要書類を提出する。志願の変更について、入学願書取下げ日時が3月7日午前9時から午後3時まで、再提出日時が3月8日午前9時から正午まで。学力検査などは3月9日に実施、9日以降に面接および実技検査などを行う学校もある。合格者の発表は3月15日正午、志願した都立高校に掲示される。

リセマム

「東京」をもっと詳しく

「東京」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ