羽生結弦のスケート靴、わずか1日で3000万円超え 3.11チャリティオークションに出品

3月6日(火)11時25分 BIGLOBEニュース編集部

画像は「ヤフオク!」スクリーンショット

写真を拡大

平昌五輪で2大会連続となる金メダルを獲得したフィギュアスケート・羽生結弦選手のスケート靴がオークションサイトに出品され、開始から1日で3000万円を越えている。


羽生選手は、東日本大震災の被災地支援を行うチャリティオークションに練習で使用したスケート靴を提供。スケート靴の左右両方には直筆サインが入っており、エッジは付いていない。3月5日の午前に1円からスタートしたオークションは、2連覇の偉業を成し遂げたばかりの羽生選手のスケート靴とあって高騰。開始からわずか1日の6日11時時点で、3400万3000円となっている。このオークションは3月11日22時40分まで行われるため、落札価格は更に高い価格になるとみられる。


羽生選手が賛同している3.11チャリティオークションは、ウェブベルマーク協会が東日本大震災の支援を目的に「ヤフオク!」で実施しているもの。オークションで得た収益は、ベルマーク教育助成財団を通じて東日本大震災の被災校への支援活動に充てられる。

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「オークション」をもっと詳しく

「オークション」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ